[単語の音声の聞き方]

こちら(海外有名英英辞典サイト)にアクセスし、画面中央の「Enter a word or phrase」という枠内に単語を打ち、右の赤い「SEARCH」ボタンを押してください。

検索した単語の横に赤い音声マークが付いているはずです。それを押せば音声が聞けます。

Google
WWW を検索 当サイト を検索

2008年07月10日

愛知県立大学2008年の問題より

人前では、みんなに聞こえるようにはっきりと話すようにしなさい


という英作文の問題が、愛知県立大文学部2008年に出題されています。


大学受験の英作文としては標準的で、こういう問題をまったくミスなくこなし点数を獲得していけることが、より難しい発展的な英作文を出してくる大学に対処するためには、重要なステップとなります。


まずは、「人前で」「〜ように」といったあたりを、無難にこなすことです。基礎的な熟語の勉強が済んでいれば、思いつける範囲だと言えます。


「人前で」はin public, 「〜ように」は「so that (主語) will/can...」 がふつうです。


はっきりと話すようにしなさい」の部分は、命令文で書いてもいいし、You should... で書いてもいいでしょう。


そうすると、例えばこのように書けます:


Speak clearly in public so that everyone can hear you.
 

これで十分なのですが、他の可能性も少し考えてみましょう。


人前で」の部分を、in public という熟語を知らない or 忘れてしまった場合には、他の表現で工夫することもできるでしょう。


これを、「他人の前で」と考えて、in front of other people くらいに書ければ、悪くありません。


ただし、「前で」をbefore にして、before other people とするのは、ちょっといただけません。


同じ「前で」であっても、場所的な意味で「前」の場合には、in front of を常に使っておくのが受験生としては適切な判断です。


before は基本的に時間的な意味での「前」という意味で使うべきです。

before を場所的な「前」という意味で使っている英文に出会うことはもちろんあるでしょうが、それを皆さんがまねるのはよいことではないのです。


次に、「みんなに聞こえるように」の部分ですが、ここも、make oneself heard という熟語を知っているのであれば、それを使うこともできるでしょう。


そうすると、so that you can make yourself heard by everyone

となります。


ただこれに関しては、everyone can hear you の方がシンプルだし楽なので、こちらの方がいいと思いますけど。



posted by Koichi at 16:29| Comment(0) | 英作文レベル標準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。