[単語の音声の聞き方]

こちら(海外有名英英辞典サイト)にアクセスし、画面中央の「Enter a word or phrase」という枠内に単語を打ち、右の赤い「SEARCH」ボタンを押してください。

検索した単語の横に赤い音声マークが付いているはずです。それを押せば音声が聞けます。

Google
WWW を検索 当サイト を検索

2008年08月11日

"you" に"a" が付くのはいったいなぜ?

成蹊大学経済学部2008年の第2問の長文に、以下のような一節があります。

By thinking of your professional life as distinct from your home life, you can protect that interior space; you can maintain a "you" in there that is sheltered from the external forces acting upon you at work.

(参考訳)自分の職業生活を、家庭生活とは別のものだと考えることにより、その内部の空間(=家庭生活)を守ることができる。そこでは、仕事場で自分に降りかかる外界からの力から守られた「自分」を保持することができる。

ここでは、you にa が付いているのが新鮮です。

もちろん、ふつう人称代名詞にa なんてつけませんよね。でも、ここでは付いちゃっているわけです。

a が付くとそれは、世の中に1つだけ存在するというわけではなく、2つ以上存在するかのようなニュアンスを感じさせます。

ということはつまり、いろいろな"you" がいる、と考えていることになります。

これは実は何も難しいことではないですよ。「あなた」は確かに一人ですが、学校での「あなた」と、家での「あなた」は、ある意味別人でしょう。

学校では偉そうにふるまっていても、家に帰ったらお母さんに頭が上がらない、みたいなことはあるでしょう。ドラえもんのジャイアンみたいですけどね(笑)

というわけで、

maintain a "you"

という言い方がここで成立しています。

さらに面白いのは、通常の人称代名詞は関係詞の先行詞にはなりませんが、ここでは関係代名詞that の先行詞になっている、ということです。

maintain a "you" in there that is...

で、there は先行詞にはなれませんので、that is 以下は "you" を先行詞としています。


posted by Koichi at 23:32| Comment(0) | 英文法レベル標準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。