[単語の音声の聞き方]

こちら(海外有名英英辞典サイト)にアクセスし、画面中央の「Enter a word or phrase」という枠内に単語を打ち、右の赤い「SEARCH」ボタンを押してください。

検索した単語の横に赤い音声マークが付いているはずです。それを押せば音声が聞けます。

Google
WWW を検索 当サイト を検索

2008年10月08日

宇多田ヒカルの英語インタビューと、英語学習の意味と

宇多田ヒカル英語でインタビューに応えている動画を見る機会がありました。

おそらく、

日本語で作品を作るのに比べて、英語だと何か違うのか?

といった質問に応じている内容でした。

The nature of Japanese and English, they are so different that...
(日本語と英語の性質はとても違う、だから…)

英語を使うと、

I could be more outfront, powerful, in a good way.
(いい意味で、率直でパワフルになれる)

さらに、

There was a new feeling in English that really let me make new things that I don't think I would have come up with otherwise.
(英語には新しい感覚があって、そのおかげで、英語じゃなかったなら思いつくことができなかったような、新しいものを作ることができた)

といったコメントがありました。

英語によって、日本語だけだったなら手に入らなかったような、新しい表現手法・発想を手にしているのですね。

しかしこれは、彼女のような外国育ちの子だけの特権ではないのです。

日本で生まれ、日本で育ち、中学生から英語を開始する普通の日本人にも十分に到達できる世界なのです。

ただ、その努力の途中過程でいろいろな理由で挫折する人も多い、というだけのことです(挫折しないで頑張る人もたくさんいます)。

それゆえ、英語を学ぶ意味というのは、

いい大学に入りたいから

とか、

いい会社に就職したいから

とか、そういうことだけではないのです。

人間の自己表現は、言語を用いる限り、手持ちの言語に良くも悪くも大きく影響を受けます。

日本人であれば、日本語の影響がとても大きいわけです。

しかしそこに英語が入ってくることで、日本語だけを使っていたときには見えてこなかった、

新しい地平

が見えてくるようになります。

中学生向けの教科書に、"New Horizon" というタイトルのものがあるんですが、まさにそれです。「新しい地平」です。

もちろん、それが実感できるようになるには、かなり英語を使いこまなくてはならないでしょう。

しかし、それに見合うだけの大きなものがきっと得られることでしょう。

実際私自身、英語をまったく使うことがないとすれば、精神的不自由や窮屈さを感じてしまいます。

自己表現には、言語以外にも音楽・ダンス・映画・絵画などいろいろな表現手法がありますが、

日本語だけに頼らずに、外国語にチャレンジしてみる、自分の手足となるくらいまでがんばってみる

というのも、自己表現において新境地を開いてくれるすばらしいきっかけになりますよ。


posted by Koichi at 08:42| Comment(0) | その他英語関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。