[単語の音声の聞き方]

こちら(海外有名英英辞典サイト)にアクセスし、画面中央の「Enter a word or phrase」という枠内に単語を打ち、右の赤い「SEARCH」ボタンを押してください。

検索した単語の横に赤い音声マークが付いているはずです。それを押せば音声が聞けます。

Google
WWW を検索 当サイト を検索

2008年10月14日

大学受験英文法が役に立つ歌詞

受験勉強をしつつ、洋楽を聴いている人も多いかもしれませんね。

英語ができる人が読んでもわけのわからない歌詞もたくさんありますが(笑)、まともな文法で意味の分かることが書いてある歌詞もまた多く
あります。

Avril Lavigne は日本同様台湾でも人気がある歌手で、歌詞には単純明快なものも多いです。

例えば彼女のアルバム『The Best Damn Thing』に収録されている『innocence』 という曲は、単語がシンプルなうえ、文法的に正しく書かれていて、

「確かに英語の授業で習った文法知識が生きるんだな!」

と実感できます。

例えばサビの部分の

It's so beautiful it makes you want to cry.

という歌詞などは、どうでしょうか?

so (形容詞・副詞) that... =「とても(形容詞・副詞)なので...だ」
that省略可能

や、

make (人) (動詞の原形) =「(人)に〜させる」
*人に〜しようという意志がない場合に使う。

は、受験英語のごくごく普通の知識ではないでしょうか?

そういった知識は、現実社会の英語でも、実際にこのように使われているのです。

だから、英語の受験勉強は、将来英語を使う時に役に立ちます。

ただ、それだけでは足りない面もたくさんある、というだけです。

もし将来英語を生かしていきたいのなら、大学に入ってからも熱心に英語を勉強すればいいだけのことです。


posted by Koichi at 04:21| Comment(0) | 英文法レベル標準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。