[単語の音声の聞き方]

こちら(海外有名英英辞典サイト)にアクセスし、画面中央の「Enter a word or phrase」という枠内に単語を打ち、右の赤い「SEARCH」ボタンを押してください。

検索した単語の横に赤い音声マークが付いているはずです。それを押せば音声が聞けます。

Google
WWW を検索 当サイト を検索

2008年12月29日

英語の授業は英語で

新学習指導要領案では、

英語の授業は英語で

という目標があるそうですね。

これが現実的にどの程度まで英語を使うことになるのか(すでに、一部の難しい文法などは除外、となっているようです)はまだわかりませんが、かなり大胆な改革である、とは言えると思います。

問題はあまりにいろいろと考えられますが、とりあえず一般的な教師の側からして、もしたとえ試しに1回だけであっても全部の授業を英語でするとなったら、それだけで不安でしょう。

自分の英語力、特に会話力、英作文、発音に自信がない教師があまりに多いのですから。

今まで、そんな能力がなくても教師の資格を取れてしまうシステムだったわけで、いまさらいきなり全部英語で話せ、と言われても、確かにどうしようもないでしょう。

ただ、個人的に、私自身は中学生や高校生の頃、教師というものはその科目に関してはとても知識が深く、ほぼ「万能」であるかのような期待をしていましたよ。

それだけに、自分が逆に教師という立場に身を置いた今、自分は英語において、少なくとも生徒の目から見たときには「万能」であるかのように見えるくらいに、英語力を高く保たなければならない、と思っています。

外人さんが来たとたんに、ぜんぜん会話が出なくて生徒の前で情けない姿を見せてしまうようでは、やはり生徒からの信頼は得がたいでしょう。

だから、別に今さら文部省に言われるまでもなく、教師となった後に自主的に英語の総合力を高める研鑽を積むべきなんですよ。

英語の先生なんだから、やはり英語が好きでなくちゃいけないし、英語が好きなんだったら、自然と自主的に勉強を続け、総合的能力は高くなっているはず…そう私は感じています。

少なくとも私は、どんな場面に出くわしても、生徒から見て「あ、先生やっぱり英語すごいね」と思われたいですから。

この問題については、とりあえず今回はこれだけです。様子を見ることにします。
posted by Koichi at 15:13| Comment(0) | 学習法など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。