[単語の音声の聞き方]

こちら(海外有名英英辞典サイト)にアクセスし、画面中央の「Enter a word or phrase」という枠内に単語を打ち、右の赤い「SEARCH」ボタンを押してください。

検索した単語の横に赤い音声マークが付いているはずです。それを押せば音声が聞けます。

Google
WWW を検索 当サイト を検索

2006年01月01日

最難関文法事項の1つとは

今回はまったく万民向けの話ではありません。
英語で高みを目指す気持ちが強い人向けです。

テーマは、描出話法(びょうしゅつわほう)です。

描出話法は、
直接話法でもなければ間接話法でもない、
しかしどちらとも微妙に共通点はある、
というわかりにくい話法です。

聞いたことない、という人もふつうに多い
のではないでしょうか。

そして間違いなく、英文法で登場する
最難関事項のひとつであると言えます。

しかし、最近だんだんと入試問題に小説文が
使われることも多くなってきており、小説文中に
実は何気なく使われていることが多いのです。

ただ、知らないから気づかないだけです。
実際、東大でも下線部訳の問題で描出話法が出たことがあります。

英語を得意科目にし、主な得点源にしている人は
おさえておいたほうがいいと思います。

では以下で、その特徴を簡単な例で見てみましょう。

Coming back from a trip, he found a note from his wife.
She would be back at four, but the children were in the garden.
He tossed down his hat, and still in his dark business suit
went to the garden.


太字の部分が描出話法です。これを直接話法で書いたなら、
The note said, “I will be back at four,
but the children are in the garden.”

となるところであり、間接話法であれば、

The note said that she would be back at four,
but that the children were in the garden.

となります。

太字部分を直訳ではなく、描出話法であることをふまえて
正しく訳すと、
「私は4時に帰りますが、子供たちは庭にいます」となります。

描出話法は、直接話法で使われるはずの会話・引用を表す
かぎかっこが使われません。むしろ間接話法っぽいです。

しかし間接話法とは違い、「主語+伝達動詞」という間接話法の文頭で
必ず使われるはずの表現が使われません。つまり、「The note said...」
という部分は書きません。
間接話法なら必ず用いるはずの
伝達動詞(say, ask, tellなど)を省略してしまうのです。

ここが描出話法だ、と気づくのは難しいでしょう。
ふつう、そんなものが使われているとは思わず、
たいていなんとなく読み進めてしまうものです。

その部分を正しく読まないと解けない問が必ずしも出るわけでもないので、
それで問題がないことは多いでしょう。

しかしよく考えれば、いきなりShe would beと書いてあって、
「なんだこのwouldは?筆者が登場人物の行動について推量をしているのか?」と
少し疑問に思うことでしょう。うまく話の筋がつながらないのに気づくでしょう。

そのとき描出話法の知識があるなら、
「あ、これは実はメモ書きに書いてあったメッセージの中身なのだな!」と
考えて、話の筋をよりよく理解できるでしょう。

潮田耕一

↓メルマガ発行開始です!!

開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術
(ID:0000188697) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム
『開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術』バックナンバー
メールマガジン[まぐまぐ!]
まぐまぐ!』から発行しています。


posted by Koichi at 23:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 英文法レベル難 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
服 子供 楽天 クリスチャンルブタン http://www.leviseaglejp.info/
Posted by 楽天 クリスチャンルブタン at 2013年08月05日 19:01
服 キッズ [url=http://www.forshoppingavailablejp.biz/]moncler モンクレール[/url] <a href="http://www.forshoppingavailablejp.biz/" title="moncler モンクレール">moncler モンクレール</a>
Posted by moncler モンクレール at 2013年08月05日 19:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。