[単語の音声の聞き方]

こちら(海外有名英英辞典サイト)にアクセスし、画面中央の「Enter a word or phrase」という枠内に単語を打ち、右の赤い「SEARCH」ボタンを押してください。

検索した単語の横に赤い音声マークが付いているはずです。それを押せば音声が聞けます。

Google
WWW を検索 当サイト を検索

2006年01月12日

自分で例文を作って英単語を覚える

昔は英単語とその日本語訳だけがひたすら並んでいる
タイプの英単語集が多かったですが、
最近では速読英単語やDUOのように、長文とか短文が
付属しているタイプのものが多くなってきています。

DUOが発売されたのが、
私が中3か高1のころだったと思います。

高1・高2のあいだに一冊ひととおり
学習しおえたはずです。

さて、私がNOVAで知り合った人から、
同じく高校生のとき、自分で新しい英単語を使って例文を作る
ような課題を楽しくこなしていた、という話を聞いたことが
あります。

英単語を使って、自分オリジナルの例文を作成するという作業は、
とても理想的だなあ、と思いました。

だって、他人が勝手に作った英文をひたすら受け入れて覚えるよりは、
自分で作った英文の方が、ぜったい愛着がわくでしょうから。

それに、「ええ〜、どういう例文作ればいいのかな〜?」と
いろいろ考る作業を通して、その英単語が強く記憶に残るはずです。

ただ、自分オリジナルの英文を作るなら、かならずだれか先生に
見てもらう必要があります。

その人は、学校のネイティブの先生がチェックしてくれたそうです。
それはすごく理想的なことだと思います。

もちろん私の高校時代も、学校にネイティブの先生はいましたが、
その頃私は
「外人とはしゃべらない!!」
というひねくれた態度を取っていたので、
ネイティブの先生に見てもらうなんて発想は
ゼロでした(笑)


潮田耕一
posted by Koichi at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習法など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。