[単語の音声の聞き方]

こちら(海外有名英英辞典サイト)にアクセスし、画面中央の「Enter a word or phrase」という枠内に単語を打ち、右の赤い「SEARCH」ボタンを押してください。

検索した単語の横に赤い音声マークが付いているはずです。それを押せば音声が聞けます。

Google
WWW を検索 当サイト を検索

2006年01月18日

社長になりたい彼の野望

以下の英文はセンター試験1996年追試で登場した英文です。
日本語の意味になるように、( )に入れるべき英単語を考えましょう。
( )にはそれぞれ1つ英単語が入り、つづりの最初の方の文字が与えられている
ものもあります。

His (amb   ) to become (pre     ) is likely to be (re    ).
社長になりたいという彼の野望は、実現されそうである。






解答はこの下にありますので、うっかり見てしまいたくない方は、
紙などで隠されるとよいと思います。





さて、解答です。
His (ambition) to become (president) is likely to be (realized またはrealised).
でした!

最初のかっこは、「野心・野望」という意味の名詞ambition が
入ります。

意味だけでなく、後ろにto 不定詞を取ることができる名詞だという
ことも同時に覚えておきましょう。

ambition to do =「〜したいという野望・野心」

です。

もしamb で始まるというつづりの指定がなかったとしたら、
aspiration を使っても同様の意味になります。

aspiration も、後ろにto 不定詞をとって、

「aspiration to do =〜したいという熱望」

という意味を持ちます。

つぎのかっこは、「社長」という意味の名詞president が
入ります。

ただ、社長以外にも大統領という意味もあるので、
問題文においても、大統領と訳すことも可能です。

president に限らず、人の役職を表すような英単語は、
補語の位置に置かれるときに、冠詞がつきません。

このpresident は、動詞become の補語の位置にありますよね?
なので、冠詞a とかthe はつきません。

最後のかっこは、「〜を実現する」という意味の動詞realize を
過去分詞にしたものが入ります。つまり、realized です。

かっこの前にbe があるし、日本語の意味からしても受身形にする
べきだとわかるでしょう。
だから、過去分詞にして入れます。

イギリスではrealise というように、z の部分をs で書きます。
当然イギリス英語も正しい英語なので、
この問題においてもrealised とつづってOKです。

潮田耕一


posted by Koichi at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | センター試験穴埋め単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。