[単語の音声の聞き方]

こちら(海外有名英英辞典サイト)にアクセスし、画面中央の「Enter a word or phrase」という枠内に単語を打ち、右の赤い「SEARCH」ボタンを押してください。

検索した単語の横に赤い音声マークが付いているはずです。それを押せば音声が聞けます。

Google
WWW を検索 当サイト を検索

2006年02月14日

「何の」関係がある??

「〜とまったく関係がない」
という大学受験の標準的英熟語に、

have nothing to do with 〜

という長ったらしいものがあります。

これはその変形バージョンもあります。

たとえば、nothing の部分をsomething に
変えると、意味も変わります。

「have something to do with 〜
 =〜といくらか関係がある」

というふうに、something のニュアンスが
訳に加わります。

さらには、その部分にlittle を入れることで、

「have little to do with 〜
 〜とほとんど関係がない」
 
というふうに、little のニュアンスが
加わったバージョンも作れます。

このlittle は名詞ですよ。
へんな日本語にしかなりませんが、
「ほとんどないもの」という意味です。

では、これらのさらに変形バージョンで、

「AはBとなんの関係があるのか?」

という疑問文だったら、どうなるでしょうか?

「なんの」という日本語が入っていることから
推測できるように、疑問詞what を使います。

ちょっとまわりくどいかもしれませんが、
本来、この文の作り方を考える際は
こうします:

@have something to do with 〜
 が、「『何か』の関係がある」なら、
 「『何の』関係がある?」なら、
 have what to do with 〜
 となるはずだ。

Aしかしwhat は疑問詞なので、文の
 先頭に出る必要がある。
 「AはBとなんの関係があるのか?」
 なら、
 What A has to do with B?
 のはずだ。

Bしかししかし、What で始めたら
 疑問文なんだから、「A has」の部分は
 「does A have」
 という疑問文でおなじみの語順に
 かえなくちゃいけないじゃないか!

Cうむ、これで完成した。
 What does A have to do with B?
 だな!
 
これが、文法的に構造をちょっと
きちっと追ってみた説明だったりします。


潮田耕一

↓メルマガ発行開始です!!

開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術
(ID:0000188697) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム
『開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術』バックナンバー
メールマガジン[まぐまぐ!]
まぐまぐ!』から発行しています。
posted by Koichi at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 英熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。