[単語の音声の聞き方]

こちら(海外有名英英辞典サイト)にアクセスし、画面中央の「Enter a word or phrase」という枠内に単語を打ち、右の赤い「SEARCH」ボタンを押してください。

検索した単語の横に赤い音声マークが付いているはずです。それを押せば音声が聞けます。

Google
WWW を検索 当サイト を検索

2010年04月21日

いろいろな呼ばれ方

アメリカの学校で食べる昼食の質に関する懸念を書いた記事をTIME紙で読んだのですが、ここで、

これは日本人にはなかなか使えるものではないな

と思う表現に出くわしました。

その英語表現は、

学校のランチは、いろいろな呼び方をされてきた」

という意味の文です。

この「呼び方」というのは、例えば、学校のランチは、将来の子供を育てる重要な食事なのに、栄養バランスが悪くて強い子供が育たない。なので、学校給食=「国の将来に対する危機」という言い方をする、ということです。

構造自体は、中学生でも3年生なら習うだろうシンプルなものです。TIME紙だからといって、別に高度なものではありません。

現在完了の受け身形で書けばOKです。

「呼び方」なのだから、動詞もcall でOKです。

ここで、call の第5文型の用法を思い出して、基本に忠実に受け身にしましょう。

We call him Tom.

が、受け身では

He is called Tom.

になるように、be called (名詞)という形が基本となります。

現在完了も忘れずに使うと、

School lunches have been called many names.

という言い方が考えられます。

これもOK。「いろいろな名前で呼ばれてきた」ということです。

しかし、TIMEに実際にあったのは、

School lunches have been called many things.

という言い方です。

そう、thing でもOKなんですね!

しかし、この感覚は日本人にとってはけっこうきついところです。



posted by Koichi at 02:50| Comment(0) | 英文法レベル標準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。