[単語の音声の聞き方]

こちら(海外有名英英辞典サイト)にアクセスし、画面中央の「Enter a word or phrase」という枠内に単語を打ち、右の赤い「SEARCH」ボタンを押してください。

検索した単語の横に赤い音声マークが付いているはずです。それを押せば音声が聞けます。

Google
WWW を検索 当サイト を検索

2010年05月28日

関係代名詞thatを、人間に対して使うか?

関係代名詞who, which, that の使い分けは受験勉強においては基礎事項ですよね。

先行詞に関して言えば、whoは人、whichは物、thatはどちらでもOK、というのが通常の理解です。

もちろん文法的にそれはOKなのですが、実際のところ、このthat の理解について違和感を感じるネイティブはけっこういるようです。

例えば、Reader's Digestの今年4月号を見ると、こんな記載があります。英語のスマートな使い方についてのアドバイス記事です:

A human is a "who". Anything else (yes, including animals) is a "that".

これはつまり、

人間が先行詞ならwhoを使いなさい!thatはおかしいでしょ!

ということなんです。

大学受験が終わって、実際の社会で英語を使うことになった時には、ネイティブはけっこうこう感じているということを思い出してみてください。
posted by Koichi at 02:58| Comment(0) | 英作文レベル基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。