[単語の音声の聞き方]

こちら(海外有名英英辞典サイト)にアクセスし、画面中央の「Enter a word or phrase」という枠内に単語を打ち、右の赤い「SEARCH」ボタンを押してください。

検索した単語の横に赤い音声マークが付いているはずです。それを押せば音声が聞けます。

Google
WWW を検索 当サイト を検索

2010年10月01日

student of 学校でいいのか?

私は最近台湾でも、知人に頼まれて台湾の高校生の英作文の添削をしています。「建国」という名前の、台湾で一番の進学校である男子校に通う高校生です。日本の開成みたいな位置づけのようです。

ワードファイル形式で自由英作文を受け取って、それに赤で修正を入れて、必要に応じてなぜ間違いなのか説明のコメントを挿入しています。英語で。当たり前ですけど日本語で書いても通じませんからね…。だから自然と、英語で英語を説明することになるわけです。

中国語で書くという手もありますが、会話なら口を動かすだけなので楽でいいですけど、タイプするのは入力方式が違いますからやや面倒なんです。

さて、日本でも台湾でも、やはり多く見られるミスの1つは、

私は〜学校の学生です

という言い方です。

単語自体は中学生でも知ってる簡単なものなので、別に中学生だって正しく書けてもおかしくないようなレベルなのですが、日本でも台湾でも、こういう簡単な言い方が意外と抜け落ちてしまうんでしょうね。

よくあるミスは、

I'm a student of 〜 School.

というものです。

しかし、ちょっと英英辞典とかを引いてみたらいいんですよ。ネット上で無料で使えるロングマンでもいいです。school を引いてみましょう。

そうすれば、「student at」と青字でちゃんと書いてあり、

a first year student at the University of Oslo

という例も出ています。

そう、正しい前置詞はat だったわけですね。

高校生であれば、中学で習うような基礎単語に関して、一通り英英辞典を見て用法を確認しておくと、英作文や文法問題に強くなれると思いますよ。

もちろん、大人の場合でも同じです。中学レベルの基礎単語を自由に正しく使えるようになることは、会話でも作文でも必須のことです。


posted by Koichi at 07:08| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。