[単語の音声の聞き方]

こちら(海外有名英英辞典サイト)にアクセスし、画面中央の「Enter a word or phrase」という枠内に単語を打ち、右の赤い「SEARCH」ボタンを押してください。

検索した単語の横に赤い音声マークが付いているはずです。それを押せば音声が聞けます。

Google
WWW を検索 当サイト を検索

2010年10月14日

「インターネット」の使い方

英作文でも、時代の趨勢を反映して、「インターネット」という言葉が登場することがあります。例えば慶応医学部2010年の過去問でも、

若者を中心にインターネットでの本の購入が増える傾向も見られる

という一節が英作文の問題として登場しています。ですから、Internet という単語について、その使い方をちゃんと知っておきましょう。

基礎となるのは、on the Internet(インターネットで) という言い方です。前置詞on です。

ロングマンにも、

You can find all kinds of information on the Internet.

という例文が見られます。

Internetつづりについては、Iを小文字にしてinternet とする書き方もしばしば見られますが、

どっちで書く癖を付ける方が無難ですか?

と聞かれれば、私の考えとしては「大文字にしておきましょう」と答えます。

ロングマンでもコウビルドでも、大文字・小文字の両方が見られますが、小文字で書く書き方を単語の見出しの部分にも掲載しているのは、私が手持ちの辞書をざっと見た限り、ロングマンだけです。

コウビルドも、オックスフォードODEと呼ばれる大きな辞書も、見出しではthe Internet と、大文字になっています。






posted by Koichi at 23:54| Comment(0) | 英作文レベル標準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。