[単語の音声の聞き方]

こちら(海外有名英英辞典サイト)にアクセスし、画面中央の「Enter a word or phrase」という枠内に単語を打ち、右の赤い「SEARCH」ボタンを押してください。

検索した単語の横に赤い音声マークが付いているはずです。それを押せば音声が聞けます。

Google
WWW を検索 当サイト を検索

2006年04月17日

to不定詞の「原因」と「理由」?

私が初めてto不定詞を習ったときは、
(中学2年だったと思います)
いきなり副詞的用法に関しても
ばっちりたくさんの用法を覚えさせられ
ました。

ちゃんと用法の名前つきで。

いちばんメジャーな副詞的用法と言えば、
やはり「目的」だと思います。

We went to the park to play baseball.
(私たちは野球をするために公園に行った)

というよくある文の、to play の部分が
to 不定詞ですよね。

で、「〜するために」という意味をもつ
このto 不定詞は、副詞的用法の「目的」と
呼ばれるわけです。

で、これ以外にも副詞的用法はあるわけです。

私が初めて習ったときは、
「原因」というものと「理由」というものが
ありました。

この2つの語を初めて聞いて、

「意味同じようなもんじゃない、原因も理由も・・・?
 区別つかないんだけど?」

と思いました。

みなさんもきっと、似たようなものだと
思うと思います。

だからなのでしょうか、もう使われることが減ってきました。
私が英文法を教える際にも絶対に使いません。


(でも、インターネット上で「to不定詞 理由」とキーワードに
検索すれば、「原因」「理由」という言葉を使ってto不定詞を
説明するサイトに出会うことができるはずです。
 私も今やってみたら、そういうサイトがありました)


で、その2つの用法の名前は、私は必ず
こう教えています:

原因→「感情の原因」
理由→「判断の根拠」

手元にある英文法書「フォレスト」を見てみましたが、
私とまったく同じ用語を使ってました。

さて、今回はかなり長くなってきたので、次回、
「感情の原因」と「判断の根拠」について、
どういう「ポイント」をおさえておけば
いいのか、また書きますね。


↓英文法書「フォレスト」です。
best かどうかは人により意見が分かれますが、
one of the best であることには疑いはない、
英文法書の大ヒット作です。



英会話スクールで元を取りまくれる方法とは?
英会話学校を確実にものにする!

潮田耕一


posted by Koichi at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 英文法レベル基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。