[単語の音声の聞き方]

こちら(海外有名英英辞典サイト)にアクセスし、画面中央の「Enter a word or phrase」という枠内に単語を打ち、右の赤い「SEARCH」ボタンを押してください。

検索した単語の横に赤い音声マークが付いているはずです。それを押せば音声が聞けます。

Google
WWW を検索 当サイト を検索

2006年05月01日

駿台で聞いた英語勉強法

私のもと生徒で、残念ながら昨年落ちてしまい、
今年は浪人してがんばっている生徒がいます。

駿台に現在通っていて、英語の授業で、

「英文解釈のテキストに登場する英文(20個以上)
 をすべて覚えれば英語は攻略できる!」

というようなことを言われた、と
言っていました。

英語はパターンをどれだけ
頭の中にたくわえられるかで
勝負が決まる面があるので、
たしかにそういうやり方も
ありだと思います。

特に、英語があまり得意ではない人の場合は、
自分で考え、悩み、発見していくような、
ある意味頭の「芸術」的な作業に楽しさを
見出していくよりは、
「ただもう入試に出るパターンを全部たたきこむ!」
くらいの姿勢でやったほうがいい結果が出る
気もします。

確かに私も、受験生時代は文系とはいえ
東大レベルの数学に対処しなくては
ならなかったわけで、それには苦労させられました。

そしてその際は、
「とりあえず一度やったことのある
 問題と同じパターンが出たときには、絶対できる
 ようにしよう!」
ということだけ考えていました。

長くなりますので、次回引き続き、
この件については書きますね。

その浪人中の生徒や、私自身は英語が得意な側に
属するタイプなので、そういうタイプからすると
もう少し違った意見を持っていますので。


潮田耕一
posted by Koichi at 12:06| Comment(0) | 学習法など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。