[単語の音声の聞き方]

こちら(海外有名英英辞典サイト)にアクセスし、画面中央の「Enter a word or phrase」という枠内に単語を打ち、右の赤い「SEARCH」ボタンを押してください。

検索した単語の横に赤い音声マークが付いているはずです。それを押せば音声が聞けます。

Google
WWW を検索 当サイト を検索

2006年05月16日

予備校と無料個別指導とで安く済ませる浪人学習プラン

高校2年生のころまで私が予備校で教えていた生徒がいます。

彼は高3の頃はいろいろあって予備校には通わず、
勉強はあまりせず、とりあえず高校を卒業しました。

大学受験もしませんでした。

そして浪人して、来年受かるべく、
現在河合塾に通っています。

最近ひんぱんにその子からメールで質問が来ます。

一つこたえるとすぐその次、という具合に、
絶え間なく来ます。

大手は授業料が安いので通いやすいですが、
個別に質問はしにくい、と聞きます。

実際、少なくとも彼に関してはそのとおりなようですね。

河合が使いにくいのでしょう。

かといって、私を家庭教師につけたりしたら高いですからね。

家庭教師は安くても1時間2000円くらいは
かかります。

それくらいの値段で教えることもぜんぜん私は
かまわないのですが、それですらも
大手予備校に比べれば高くつきます。

ですので、彼の場合、

・とりあえず安く通える大手予備校に年間授業料を払う
・個別のフォローはあまり充実していないので、それは
 知り合って仲良くなれた、確かな実力のある教師に無料で相談する

という形で学習しているようです。

なかなかおもしろいプランですよね(笑)


家にお金があまりない、
浪人して余計なお金がかかると親に申し訳ない、

そう思う高校生は、浪人したときの備えとして

・実力が確かな先生を見定めて、
 「浪人しても、たまに質問とかしていいですか?」
 と聞いてしまう。
 
 学校の先生とか、いいかもしれませんね。
 もちろん仲良くなった塾の講師でもいいかもしれませんが。
 
 さらには、受験に必要な各科目の先生をおさえておくと
 なおさらいいでしょう(笑)

・浪人した後は、年間授業料が安い大手予備校に通う。
 そこでは補いきれない、個別の細かいフォローは、
 仲良くなっておいたその先生(たち)にお願いする。
 

こんなやり方も、ありだと思います。

 
潮田耕一
posted by Koichi at 05:41| Comment(0) | 学習法など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。