[単語の音声の聞き方]

こちら(海外有名英英辞典サイト)にアクセスし、画面中央の「Enter a word or phrase」という枠内に単語を打ち、右の赤い「SEARCH」ボタンを押してください。

検索した単語の横に赤い音声マークが付いているはずです。それを押せば音声が聞けます。

Google
WWW を検索 当サイト を検索

2006年05月22日

「ここは私が2月から働いている図書館です」(つづき)

さて、昨日の続きの記事となります。

ここは私が2月から働いている図書館です


という、2005年の学習院(法)で出題された

英作文についてでしたね。


で、the library which...

というように、

library のうしろにwhich を使うことにすると、

どんな面倒なことがあるか、お話します。


まず、which という「関係代名詞」を使う以上、

which の先行詞(the library)を、

which の後ろの文(I have been working since February)

のどこかに戻したとき、ちゃんとおさまるようにしなくては

なりません。



関係代名詞って、そういうものですよね?

先行詞」は、かならずうまく、後ろの文に戻せるのです。



the library を入れるのにいちばんいい場所は、

work の後だと思います。


でも、

I have been working the library since February.

とは言えませんよね?

だって、「図書館で働く」の「で」にあたる

前置詞がないですもの。


となると、前置詞in を入れておかなくてはいけない

ことがわかります。


どこに入れるのか?


the library which I have been working in since February


のように、ふつうにworking の後ろに入れてOKです。



それ以外には、「前置詞+関係代名詞」という形が

あることを知っているなら、

the library in which I have been working since February

というように、in をwhich の前に書いてもOKです。



で、実はin 以外にも使える前置詞があるんですよ。


それはfor です。

work は、for ともよくセットで使われます。

work for (勤務先) =(勤務先)で働く

です。

これは、直訳すれば、

「(勤務先)のために働く」という意味です。



in を使う場合との、大きなちがいだけ説明しますね。


それは、こんなちがいです。

・in を使った場合は、その「建物」の中で働いているかんじがします

・for を使った場合は、建物の中で働いていても、外で働いていても

どっちでもよくて、単に、「自分の籍があるのはその会社だよ」、

というかんじがします。


図書館の場合、どうしましょうか?

どちらでもいいですよ。べつに。

in でもfor でも。




最後に、which は省略ができる場合がありますよね?

which が目的格の場合です。

そういうのがわからない、という人は、

which の後ろに、主語が来ている場合は、省略してOK

と思ってください。単純ですよね?


この場合、I(私)という主語が来てますから、

省略してOKです。

ですので、

the library I have been working in since February

the library I have been working for since February

と書いていいです。


ただややこしいのは、

「前置詞+関係代名詞」というパターンで

書いたときは、関係代名詞は絶対省略できません!



なので、まとめると、

Ths is the library where I have been working since February.

This is the library (which) I have been working in since February.

*( ) は省略できるという意味です

This is the library (which) I have been working for since February.

This is the library in which I have been working since February.

This is the library for which I have been working since February.

となります。



じゃあ、which じゃなくて、that を使ったらどうなるか??

それも書いておきます。

ふつうは、

that はwhich 同様に使って、同様に省略できます。


しかし、「前置詞+that 」という言い方は、

ありません!



なので、that を使った場合には、

This is the library (that) I have been working in since February.

という言い方だけができます。

以下のような言い方はダメです!

× This is the library in that I have been working since February.

× This is the library for that I have been working since February.


潮田耕一


posted by Koichi at 15:59| Comment(0) | 英作文レベル標準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。