[単語の音声の聞き方]

こちら(海外有名英英辞典サイト)にアクセスし、画面中央の「Enter a word or phrase」という枠内に単語を打ち、右の赤い「SEARCH」ボタンを押してください。

検索した単語の横に赤い音声マークが付いているはずです。それを押せば音声が聞けます。

Google
WWW を検索 当サイト を検索

2006年05月27日

フランスの首都はどこ?

東邦大学医学部の2002年の過去問です。

間違いを探す問題です。


"Do you know where the capital of France is?"

"Yes, it's Paris. I've visited it once."




これは、日本語の発想の盲点を突くものです。


日本語では、

「フランスの首都はどこ?」

という言い方をしますよね。

「フランスの首都は何?」

と言うことはまずありません。



しかし、英語の場合は、

そうは行かないんですよ。


「どこ」="where" を使ってしまうと、

それがどこにあるかの「場所」を

聞いてしまうんです。


たとえば、フランスの首都は


「フランスの北のあたりにあるよ」


とか、そういうことを聞いちゃうことに

なります。



そうじゃなくて、ここでは、

フランスの首都がパリである

ということを聞きだしたいわけです。


その場合には、what を使います!


文法的に考えても、

The capital of France is Paris.
(フランスの首都はパリです)

という文があったとして、

Paris という「名詞」を聞きたいわけですよね?


「名詞」を聞きたいときは、"what" を使います。



where を使って聞くのは、

場所を表す「前置詞句」ですよね?

He lives in Tokyo.
(彼は東京に住んでいる)

という文で、in Tokyo という前置詞句の代わりに

where を使って、

Where does he live?
(彼はどこに住んでるの?)

と質問するわけです。


こういう、what とwhere のちがいに、

気をつけておきましょう!


潮田耕一


posted by Koichi at 17:26| Comment(0) | 英文法レベル標準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。