[単語の音声の聞き方]

こちら(海外有名英英辞典サイト)にアクセスし、画面中央の「Enter a word or phrase」という枠内に単語を打ち、右の赤い「SEARCH」ボタンを押してください。

検索した単語の横に赤い音声マークが付いているはずです。それを押せば音声が聞けます。

Google
WWW を検索 当サイト を検索

2007年02月25日

高校の英語、中学の英語、大学で学ぶ、ということ。

高校レベルの英語学習をする際には、
これは何詞、あれは何詞、と品詞を区別することが
重要です。

最近の中学校では、品詞を教えず、文の作り方に
なんとなく慣れるような教え方をすることが多く
なっています。

しかし、高校での学習は、大学入試に対処することも
考えていく必要がありますから、考えを改めなくては
なりません。

品詞ごとの基本的な特徴をしっかり理解して
おかないと、フィーリングではわからない問題に
出くわしたとき、手も足もでなくなってしまいます。

大学は理屈に沿って物事を考える場ですから、
その力を試す入試でも、まさに英語をどれだけ
きちんと理屈正しく理解できているかが問われます。

フィーリングでなんとなく、根拠もなく物を言っても、
大学では相手にされません。
そんな自分勝手な物の言い方じゃあ、他人には
伝わりませんもの。

きちんと「これはこうだからこう!」と考える癖を
英語学習を通してつけていきましょう。

その姿勢が、大学に入ってからも役に立つんですから。
posted by Koichi at 01:39| Comment(0) | 学習法など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。