[単語の音声の聞き方]

こちら(海外有名英英辞典サイト)にアクセスし、画面中央の「Enter a word or phrase」という枠内に単語を打ち、右の赤い「SEARCH」ボタンを押してください。

検索した単語の横に赤い音声マークが付いているはずです。それを押せば音声が聞けます。

Google
WWW を検索 当サイト を検索

2007年02月25日

前置詞をきちんと知っておこう

前置詞は、「前に置く詞」と書きますよね。
何の前に置くんですかね?
 
答えは、「名詞」の前です。
 
中学1年生で登場する文の、
I go to school every day.
を思い返してみましょう。
(本当に「毎日」行く人はいませんけどね・・・)
 
to が前置詞で、school が名詞です。
確かに前置詞の後ろに名詞が来ていますよね。
 
さて、大学入試レベルに対処するために、
もう少しこの話を広げていきます。
 
実は
動詞も形が変わると名詞っぽい働きをする場合がある
ということに気づいているでしょうか?
 
思い出せますか?
動名詞」ってやつのことです。
~ing 形をいつもしていますよね。
 
動名詞、わかりやすく切れ目を入れれば、
動「名詞」です。
 
この動名詞というやつですが、これも前置詞の後ろに
書くことができるんです。
 
動名詞も前置詞の後ろに書いてよい
ここまできちんとおさえてみてください。
 
そうすると、今年行われたばかりの立命館大学の
試験問題からの抜粋ですが、
 
・間違っている部分を指摘しなさい
The teacher criticized her for make
the same mistake again and again.
(先生は、何度も同じ間違いをしたので彼女を批判した)
(*実際の入試問題では、4箇所に下線が引かれていて、
その中から記号で選択します)
 
という問題にも対処できます。
 
ちょっと難しいと感じる単語もあるかもしれませんが、
(criticize とか。これは
criticize () for (理由) =「(理由)()を批判する」
という意味です)
前置詞forの後ろに、make という動詞が来ています。
 
前置詞の後ろは名詞か動名詞のはずなのに、
おかしいな?
 
そう思えれば成功です。
 
まちがっているのは、make の部分ですよね。
これをmaking という動名詞にすれば、
正解となります。
 
厳密な話をするなら、
「前置詞の後ろには疑問詞の名詞節も来れる」
のですが、今回はそこまでは踏み込むと
初級者向けの話としては話が膨らみすぎてしまう
ので、省かせていただきました。



posted by Koichi at 01:58| Comment(2) | 英文法レベル基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おぉ、最近全然更新されてないので、そちらの身になにかあったのか、面倒になって放置されたのか、と考えていました。

この調子で今後も書き込みをお願いします。
今年は東大二次の英語が難化したようで、来年度の対応に苦慮してます。
Posted by at 2007年03月05日 12:39
無用な心配をかけてしまいましたね。すいません。仕事の増加とともにちょっとさぼってしまっていただけです(笑)

また何かしら、東大対策という難しいレベルでも有用となるような記事も(少なくともたまには)書くつもりですので、よろしくお願いします。
Posted by Koichi at 2007年03月14日 16:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。