[単語の音声の聞き方]

こちら(海外有名英英辞典サイト)にアクセスし、画面中央の「Enter a word or phrase」という枠内に単語を打ち、右の赤い「SEARCH」ボタンを押してください。

検索した単語の横に赤い音声マークが付いているはずです。それを押せば音声が聞けます。

Google
WWW を検索 当サイト を検索

2008年04月06日

センター試験リスニングの会話表現

センター試験の問題は大手予備校等が無料でウェブ上で公開しています。リスニング問題も手に入れて、音声を聞くことができます。

リスニング問題には、英会話で役に立ちそうなフレーズがたくさん見当たりますが、今年の問題には以下のようなものがありました。



A: Are you coming with us?
B: I wish I could, but something came up.



まずAさんの現在進行形の使い方がいいですよね。

今やっている一時的動作の話ではなく、未来の予定の話をする現在進行形です。

will とかbe going to を使うばかりが未来を表す表現ではないですから。



次にBさんのI wish I could. は本当に役に立つ表現です。「そうできたらいいんだけど(でもできない)」という意味の、柔らかい丁寧な断りの表現です。


I wish (仮定法の文) =「(仮定法の文)だったらいいのだけど」というパターンを使っています。


そのあとのSomething came up. も役に立つ表現です。


用事ができた」って言いたいんだけど、「用事」っていう英単語なんて言うんだ?


というように考えてしまう人も多いと思うのですが、その「用事ができた」に当たる表現がこのSomething came up. です。


参考までにこれを分解して直訳すれば、「何かが起こった」くらいの日本語になります。まあ分解ばかりが能ではないので、全体としてそのまま用事ができた時の決まり文句としてとらえておきましょう。



posted by Koichi at 13:00| Comment(0) | その他英語関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。