[単語の音声の聞き方]

こちら(海外有名英英辞典サイト)にアクセスし、画面中央の「Enter a word or phrase」という枠内に単語を打ち、右の赤い「SEARCH」ボタンを押してください。

検索した単語の横に赤い音声マークが付いているはずです。それを押せば音声が聞けます。

Google
WWW を検索 当サイト を検索

2010年05月28日

関係代名詞thatを、人間に対して使うか?

関係代名詞who, which, that の使い分けは受験勉強においては基礎事項ですよね。

先行詞に関して言えば、whoは人、whichは物、thatはどちらでもOK、というのが通常の理解です。

もちろん文法的にそれはOKなのですが、実際のところ、このthat の理解について違和感を感じるネイティブはけっこういるようです。

例えば、Reader's Digestの今年4月号を見ると、こんな記載があります。英語のスマートな使い方についてのアドバイス記事です:

A human is a "who". Anything else (yes, including animals) is a "that".

これはつまり、

人間が先行詞ならwhoを使いなさい!thatはおかしいでしょ!

ということなんです。

大学受験が終わって、実際の社会で英語を使うことになった時には、ネイティブはけっこうこう感じているということを思い出してみてください。
posted by Koichi at 02:58| Comment(0) | 英作文レベル基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

コンマでは文は結べない

Turn to the right, you will find a post office.
(右に曲がれば、郵便局が見つかるでしょう)

この文は文法的にどんな点がおかしいでしょうか?

まず、文頭でTurn... となっていますから、命令文です。

命令「文」というくらいだから、Turn to the right の部分は1つの文です。

そして、you will find a post office の部分も、S があってV もあるわけですから、「」です。

ということは、これは、「文」+「文」という構成になっている、ということです。

文と文とをつなぐためには、コンマを打つだけではだめです。

接続詞」というやつが必要です。

接続詞はおおざっぱに言って2種類ありますよね。

等位接続詞(and, but, or, so, forなど)と、従属接続詞(たくさんあります)。

どっちでもいいんですよ、使うのは。正しく使ってさえすればいいんです。

この例文で、等位接続詞を使うとすると、こう書けます:

Turn to the right, and you will find a post office.

これで、文法的にOKな文になります。


この例文で、従属接続詞を使うと、こう書けます:

If you turn to the right, you will find a post office.


というわけで、文と文を合体させて1つの大きな文を作る際には、必ず、

接続詞使ったかな!?

とチェックしましょうね。
posted by Koichi at 16:47| Comment(1) | 英作文レベル基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

but とhowever は同じ?

buthowever も、日本語に訳せば「しかし」です。

なんだ、同じじゃん。じゃあ今度英作文でたまにはhowever を使ってみるかな」

と思う人もいるかもしれません。

しかしそのときには注意が必要です。

but は等位接続詞、however は副詞です。

「そんなのよくわからないよ」

と思う人でも、品詞が違えば、使い方も違う、ということは予想がつくでしょう。

but は、前と後ろに「等しい」ものがあればOKです。たとえば、前にも「」があり、後ろにも「」があれば、butが使えます。

例:I am happy, but I have no money.

一方、however は副詞です。

副詞は、接続詞じゃないんですら、文と文とを接続する働きがあるはずがありません。ですよね?

なので、以下の例はダメです。

× I am happy, however, I have no money.


意地でもhowever を使いたいんですけど、どうすればいいですか?」

ということであれば、こうすればOKです。

○ I am happy. However, I have no money.

前の文I am happy を、ピリオドを打つことで終わらせます。

その後の新しい文で、文頭で使うのはOKですよ。

posted by Koichi at 17:57| Comment(0) | 英作文レベル基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

ハリー・ポッターと青山学院大の入試問題

青山学院大学の今年の問題に、ハリー・ポッターが登場していました。私自身この小説の大ファンの一人として、なんとなくうれしく思いました。
問題は記号による並べ替え英作文で、

1. ハリー・ポッターは何が起きたのか、次に何が起きるのかと思った。
Harry Potter wondered (       ).
a. and what
b. had happened
c. was going to happen
d, what



2. ハリー・ポッターは学校のことが恋しくて、おなかの痛くなるような気分だった。
Harry Potter missed (        ).
a. having a stomachache
b. it was like
c. that
d. the school so much



難易度的には、ごく基礎的です。


解答の文を参考までに示せば、

1 Harry Potter wondered what had happened and what was going to happen.
2 Harry Potter missed the school so much that it was like having a stomachache.


です。

キーとなる表現は、
1は、「wonder+疑問詞節」=「(疑問詞節)のことを疑問に思う」
2は、so (形容詞・副詞) that... =「...なくらいに(形容詞・副詞)」


です。


私はハリー・ポッターを全巻英語版で読破してあるので(日本語版の7巻はまだ発売されていないようです)、内容は知っているんですが、実際ハリーは毎年休みになると学校(魔法学校)を恋しく思って過ごします。


受験生時代に英語版を読むのは、時間的にも英語力的にも辛いと思いますが、大学に入ってからぜひ試してみたら、きっと面白いんじゃないかと思います。


ネイティブの子供向けに書かれている本ですので、難しいです。

辞書を引きまくることになると思いますが(笑)、7巻まですべて読み終わると、「ああ、すごい話だった!」と感動できるんじゃないかな、と思います。

posted by Koichi at 20:24| Comment(0) | 英作文レベル基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

道を聞きまくってきました

アメリカに行ってきました。
そして、今日帰りました。

ニューヨークからナイアガラの滝、
ボストンを経て、ニューヨークに
戻りました。

車での移動だったので、かなりの
長距離の長旅でした。

途中スピード違反でつかまって
みたり(笑)

(ブログtoeic990ゲットな気分の方に
 そのことは書いてみました)


ホテルなどの予約も一切せず、
道も事前に調べることなく現地で
地図を買ったりした行き当たりばったりの
旅でした・・・

なのでとにかく人に聞きまくることが
重要でした。

日本の学校教育で習うとおり、
そういう場合には、

Excuse me. Could you tell me the way to (場所)?

という言い方がとても重宝しますよ!

大人になったら、学校教育で習う英語を、
実際にも十分に生かして楽しみましょう。

潮田耕一
posted by Koichi at 23:45| Comment(0) | 英作文レベル基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

道を「教える」

「駅への行き方、駅への道」というのは、
英語では
the way to the station
などと言います。

が、それに「教える」をつけて、
「駅への行き方を教える」
と言うにはどうしましょうか?

そのさい、英語ではteach を
使ってはいけないんです。

teach は、英語とか数学のような、
勉強科目的なものを教える場合に
使ってください。

先生のことをteacher と言いますよね?
じゃあ、道を教えてくれる人は「先生」ですか?
ちがいますよね(笑)。

だから、道を教える程度のことは、
teach とは言わないんです。

じゃあどう言うのか?
というと、
tell かshow を使います。

tell にしてもshow にしても、
まず人を表す目的語を書いてから、
the way to the station
という部分を書くのがふつうです。

なので、
「私に駅への行き方を教える」
なら、
tell me the way to the station
とか、
show me the way to the station
となります。

あと、tell とshow では、
同じ「教える」という意味の英単語では
あるのですが、
細かいニュアンスがちがったりします。

そのちがいまでわかっておいてください。

tell は、「言う、伝える」という意味なので、
口で道を説明したことになります。

show は、「示す」という意味なので、
絵を描いたり、実際案内したりして
道を教えることになります。

潮田耕一
posted by Koichi at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 英作文レベル基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

「意見を言う」が言えない!

日本語ではほんっとなんてことない表現である、
「意見を言う」
という言い方が、英語となるとけっこう言えない
ものです。

え?say an opinion って言えばいいんじゃないの?

と思う人が続出です。

実はそれは適切じゃないんですよ。
そりゃたしかに、ネイティブの人にsay an opinion と言っても
もちろん通じます、理解してもらえます。

でも、それは不自然ですよ。
日本語で例えれば、
「意見を言う」はすごく自然な表現だけれども、
「意見を話す」といったら、不自然な感じがしますよね?

とはいえ、
日本語勉強中の外人さんが「意見を話す」と言ったとしても、
私たちは、「意見を言う」ってことだとわかってあげられます。

そんな感じです。

さて、じゃあopinion とセットにするべき動詞は、
say じゃないなら、何がいいですかね?

いちばん簡単なのは、give です。英語では、

give an opinion

と言うのが基本パターンなんですよ。

さもなくば、give よりは難しい英単語となりますが、
express an opinion
と言ってもOKです。

express は、「〜を表現する」という意味の、
基本レベルの受験英単語ですよ。

潮田耕一
posted by Koichi at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 英作文レベル基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

会社に行く

うちの父は毎日会社に行く。

そういう簡単な文が意外に英語にできなかったりするものです。

私も高校生時代、

My father goes to his company every day.

のように書いて撃沈していた覚えがあります。

というか厳密には、塾をやめて自習していたので、
自分の考えた英文が合ってるのかまちがってるのか
わかりもしなかったわけですけどね。

「会社に行く」というのは、正しくは、
go to work
と言うんです。

または、
go to the office
と言います。

go to my company とかは、言えそうで言えないんです。

こういうのは、事前にちゃんと習うor参考書などで読んで知っておくしか、
対処のしようがないと思うんですよね。

だから、これを読んでくれたみなさんも、事前に知っておくことができた
わけで、もし出題されたらふつうに解けるでしょう。

事前に知っておくにこしたことはない、
それが受験英語においての鉄則です。

英検とかTOEIC・TOEFLといったその他の試験英語にも
あてはまりますよ!

潮田耕一
posted by Koichi at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 英作文レベル基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俳優になる「という」夢

日本語の「という」は、
英語では「to不定詞」で表せる場合が
しばしばあります。

たとえば、

「それをするという決定」

であれば、

a decision to do it

と言うことができます。

しかし、

どんな場合でもto不定詞で書けるわけではないんです

残念ながら。

そのいい例が夢(dream)という英単語です。

よく高校生は、たとえば

「俳優になりたいという彼の夢がかなった」

という文を、

His dream to become an actor came true.

のように書いてしまいます。

しかしそれは間違いで、
dreamという英単語はto不定詞を取ることはできず、
代わりにof を取ります。

of は前置詞なので、
後ろに動詞を持ってきたいときにはing形にする
必要があります。

つまり、先の例文は正しくはこうなるわけです。

His dream of becoming an actor came true.

です。

受験英語の範囲でも、これはとてもよく問われることです。
そして英検準1級・英検1級・TOEIC・TOEFlといったさらにその先の
レベルでも活用できる知識です。


↓メルマガ発行開始です!!

開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術
(ID:0000188697) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム
『開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術』バックナンバー
メールマガジン[まぐまぐ!]
まぐまぐ!』から発行しています。

潮田の他サイト:
英語の達人養成塾
〜開成・東大・英検1級・TOEIC満点講師がついに語った究極の学習法〜


潮田の他のブログ:
大学受験を超えたレベルの英語を毎日楽しく攻略!
『TOEIC990ゲットな気分』


大学受験生も、一般的な英語の学習者も必見の
英語参考書をリストアップ!
『英語参考書丸秘活用術』


潮田耕一
posted by Koichi at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 英作文レベル基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

駒沢大「No doubt」

No doubt Mary is late because of the weather.

さて、このNo doubt と同じ意味のものを選んでください。

@ Recently
A Frequently
B Always
C Surely




できましたか?

解答はCです。

問題文を和訳すると、
「メアリーが天気のせいで遅れているのは間違いない。」
となります。

解説しますと「no doubt」は
「疑いもなく、確かに」という意味の
英熟語です。

doubtという英単語は、
「疑い」という意味の名詞ですので、
no doubtは文法的にふつうに考えると名詞に見えます。

しかし、この英熟語としては、副詞句として使われるんです。
それを知っているかどうかがキーとなります。

だから、副詞surelyと同じ意味なんです。


潮田耕一

↓メルマガ発行開始です!!

開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術
(ID:0000188697) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム
『開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術』バックナンバー
メールマガジン[まぐまぐ!]
まぐまぐ!』から発行しています。
posted by Koichi at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 英作文レベル基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

had betterとshouldは何かちがうの?

had better は、「〜した方がよい」という意味の
助動詞みたいなものです。
2語ですけど、2語セットで1つの助動詞として
働きます。

shouldもやはり助動詞で、「〜するべきだ」という
意味です。

だから、こんなふうに意味を習った人は
(私も高校時代そういう意味だと思っていました)

「shouldとhad betterは同じような意味だなあ」

と思うものです。

しかしhad betterもshouldも、実際はもっと
違ったニュアンスをもっています。

had better は、「〜しないと困ったことになるぞ、
だから〜した方がいいぞ」
という感じの意味で、かなり強い言い方になって
しまいます。

相手をおどしているようなニュアンス
さえもってしまうことがあるので、基本的に
had betterは使用しないでいいと思います。

shouldは、「〜したらいいと思う」くらいに、押し付けがましく
ない程度に何か提案をするニュアンスで使います。

だから、友達に〜したらいいよ、と提案する場面で、
should はとてもよく使われます。

↓メルマガ発行開始です!!

開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術
(ID:0000188697) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム
『開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術』バックナンバー
メールマガジン[まぐまぐ!]
まぐまぐ!』から発行しています。

潮田の他サイト:
英語の達人養成塾
〜開成・東大・英検1級・TOEIC満点講師がついに語った究極の学習法〜


潮田の他のブログ:
大学受験を超えたレベルの英語を毎日楽しく攻略!
『TOEIC990ゲットな気分』


大学受験生も、一般的な英語の学習者も必見の
英語参考書をリストアップ!
『英語参考書丸秘活用術』


潮田耕一
posted by Koichi at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 英作文レベル基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

10時に眠る

彼は10時に眠る。

そんな簡単な文、中学生でも英語にできそうな
かんじです。

しかしいざ、高校生が英語になおすと、

He sleeps at ten.

と書いてけっこう満足そうにしています・・・

これ、ダメです。
sleep は、「寝てない状態から寝てる状態になる」
という意味じゃないんです。
だから、10時に寝る、のときはダメなんです。

そうではなく、sleep は「眠る状態がつづく」という
意味です。
だから、「6時間寝る」という場合なら、sleepが使えます。
ちなみに「sleep for six hours」といいます。

じゃあ、「10時に寝る」は英語でなんというか?

それは go to bed です。
直訳すると「10時にベッドに行く」ということですね。

「彼は10時に眠る」であれば、
He goes to bed at ten.
となります。

↓メルマガ発行開始です!!

開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術
(ID:0000188697) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム
『開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術』バックナンバー
メールマガジン[まぐまぐ!]
まぐまぐ!』から発行しています。

潮田の他サイト:
英語の達人養成塾
〜開成・東大・英検1級・TOEIC満点講師がついに語った究極の学習法〜


潮田の他のブログ:
大学受験を超えたレベルの英語を毎日楽しく攻略!
『TOEIC990ゲットな気分』


大学受験生も、一般的な英語の学習者も必見の
英語参考書をリストアップ!
『英語参考書丸秘活用術』


潮田耕一
posted by Koichi at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 英作文レベル基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月26日

英語でも「手を貸す」って言うの?

日本語では、助けるという意味で
「手を貸す」
と言います。

その表現では、「手」という名詞は
腕の先っちょについてる手のことを
言ってるわけじゃなくて、
比ゆ的な意味で使われていますよね。

そういう比ゆ的な表現を英語でどう
言うのかな?
と思ったとき、直訳するとまちがえに
なってしまうことが多いです。

でも、偶然日本語と発想が一致していて、
英語でもまったく同じように言う場合も
あるから、不思議ですよね〜

そう、「手を貸す」は、英語でも
lend(〜を貸す)を使って、
lend (人) a hand と言います。

「手を貸してくれませんか?」であれば
Could you lend me a hand?
となります。

ちなみに、英語ではlendだけでなく、
giveも使うことができます。

大学受験を考えるなら、両方覚えておく
べきですよ。両方出るので。

↓メルマガ発行開始です!!

開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術
(ID:0000188697) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム
『開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術』バックナンバー
メールマガジン[まぐまぐ!]
まぐまぐ!』から発行しています。

潮田の他サイト:
英語の達人養成塾
〜開成・東大・英検1級・TOEIC満点講師がついに語った究極の学習法〜


潮田の他のブログ:
大学受験を超えたレベルの英語を毎日楽しく攻略!
『TOEIC990ゲットな気分』


大学受験生も、一般的な英語の学習者も必見の
英語参考書をリストアップ!
『英語参考書丸秘活用術』


潮田耕一
posted by Koichi at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 英作文レベル基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。