[単語の音声の聞き方]

こちら(海外有名英英辞典サイト)にアクセスし、画面中央の「Enter a word or phrase」という枠内に単語を打ち、右の赤い「SEARCH」ボタンを押してください。

検索した単語の横に赤い音声マークが付いているはずです。それを押せば音声が聞けます。

Google
WWW を検索 当サイト を検索

2011年04月22日

make do

大学受験熟語としては、

make do with 〜=「〜で済ませる

や、

make do without 〜=「〜なしで済ませる

といったものがよく見られますが、実際の英語では、with/without が付かないでmake do だけで終わることもあります。

TIME誌のウェブサイトにアップされている、東日本大震災に関する写真集を見てみると、そのうちの一枚の写真につけられた説明に、

Residents of the areas near the stricken Fukushima nuclear power plant make do at an evacuation center in Yamagata, March 19.

という一文があります。

この中にmake do という熟語が登場しています。後ろにwith/without はついていません。

これはどういう意味に解釈すればいいのでしょうか?

主語は、文頭のresidents(住人たち)ですよね。避難所暮らしをしている人たちのことです。彼らが、

ものが十分にない中でなんとか生きていっている

というのが、このmake do の意味です。

ロングマンには、make doの意味として、

to manage with the things that you have, even though this is not really enough

と書かれています。分かりやすい説明だと思いますよ。

manage も「なんとかやっていく」という意味の動詞ですよね。make do と似ています。

posted by Koichi at 01:30| Comment(0) | 英熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

買いだめ

東日本大地震の影響で、東京でもいろいろなものが品薄になったと聞きましたが、同時に、買占めをやめようという呼びかけも広くなされていると聞きました。

とはいえ、全員が全員そんなにうまく不安をコントロールできるわけでもありませんし、「他の一部の人が大量に買ってしまう危険がある以上、念のため自分も買わざるを得ない」と考えたとしても、責めがたい気がします。

さて、「買いだめる」というのは、stock動詞として使って、

stock up on 〜

と表現する手があります。ストックはすでに外来語として日本語の中でも使われているので、なじみやすいと思います。

ミネラルウォーターを買いだめる

であれば、

stock up on mineral water

という言い方ができます。
posted by Koichi at 02:07| Comment(0) | 英熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

come to terms with の実例

大学受験で登場する英熟語のうちの1つ、

come to terms with 〜=「〜と折り合いをつける」

ですが、東日本大震災関連のニュース記事にも登場していました。朝日新聞の英語版には、1歳の娘を失った悲しみに関して、

a tragedy he has yet to come to terms with
(彼がまだ受け入れ、整理することができない悲劇)
*have yet to do も受験熟語(やや難しいかも)で、「まだ〜していない」という意味。

という表現が見られました。

ロングマンには

to accept an unpleasant or sad situation and no longer feel upset or angry about it

という説明が見られます。acceptは「受け入れる」ですよね。基本単語です。no longer も、「もはや〜ない」という基本的な副詞表現です。

受験英語は社会に出て自由に英語を使いこなしていくための基礎になりますから、どうぞモチベーションを高く保って励んでください。


posted by Koichi at 15:16| Comment(0) | 英熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

39階からの飛び降り自殺未遂

ビルの39階から飛び降りて自殺を試みたものの、奇跡的に助かった男のニュースをNew York Daily Newsのサイトで読みました。

たまたま1階にあった車に、 "fell feetfirst" (=足から落ちた)から、助かったということのようです。

頭から行った場合(=headfirst)には、さすがに無理らしいです。

この事件に関して、医師が、

"It was nothing short of amazing..."

と語ったそうです。

nothing short of (名詞・形容詞)は、大学受験熟語でもあります。何かがすごいということを強調したい時に使う表現で、「まさに〜だ」という意味です。

nothing short of amazingなら、「まさに驚くべきことだ」という感じです。

おそらく、

nothing short of a miracle
(まさに奇跡)

という用例はよくみなさんも目にするでしょうね。
posted by Koichi at 21:08| Comment(0) | 英熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

show off とdisplay

show off という熟語とdisplay という動詞は、しばしば同じ意味として紹介されます。

私も高校時代そんな問題を解いた記憶があります。

実際愛知学院大学の過去問に、以下のようなものがあります。shows offにもっとも近い意味の語を選べ、というものです。

Kate always shows off the big diamond to me.

a. wears
b. displays
c. attracts
d. appears

答えは当然 b. displays です。他の動詞は意味がまったく違います。

この2つの表現は、確かに意味が近いことは近いのですが、違う部分があります。

どんな違いでしょうか?

show off は、物を、"because you are proud of it" なので、他の人に見せる、ということです。

一方、display は、物を、"so that people can see it easily(他の人が良く見えるように)" 置く、ということです。

結果的にはどっちも「見せる」ことになるんですが、その理由は全然違うわけです。
posted by Koichi at 20:07| Comment(0) | 英熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

cut back on

大学受験熟語であるcut back on ですが、受験が終わった後も英語を続けていけば、しばしばお目にかかることでしょう。

混迷するギリシャ経済に関するTIMEの記事にも、以下のように登場しています:

Many Greeks even say they'll cut back on going to cafes...
(多くのギリシャ人は、カフェに行くのをやめてお金を節約するとすら言っている)

...to survive, the family is also cutting back on luxuries.
(生きていくために、その家族はぜいたく品にお金を使うのをやめて節約している)

ここから見てとれるように、cut back on 〜は、「〜をやめてお金を節約する」、という意味です。



posted by Koichi at 04:34| Comment(0) | 英熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

Oh, my goodness. のニュアンスは?

東北大2008年の第3問、会話文中の穴埋め問題で、

Oh, my goodness.

を適切な空欄に入れる作業を含む問題が出ています。

一般に日本人に(そしておそらく他の英語を母国語としな人たちにも)よく知られている「驚き」の表現は、

Oh, my God!

でしょう。パソコンなどで打つときは、OMG!! のように略して書くこともあるくらい、親しまれています。

日本人でも、驚いたとき

オーマイガッ!

とか言う人はいます。

これについて、私は宗教については何も専門的な知識は持っていないことを断った上でお話ししますが、

God

という語を気軽に、みだりに使うことに対して、嫌悪感を抱くネイティブの人はいるようです。

キリスト教を生活の中心として熱心に信じている人ほど、そうであるようです。

ですので、God とは言わないで、それを「遠まわし」な言い方にするわけです。

そう、その結果生まれたのが、

Oh, my goodness.

という言い方です。Oh, my God. の代わりなわけです。

他にも、

God knows... (…は神のみぞ知る[つまり誰にも分からない])

を、

Goodness knows...

と言い換えることもできたりします。いちおう知っておきましょう。
posted by Koichi at 21:33| Comment(0) | 英熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

夫が私を捨てて、若い女の所に行ってしまった

北里大学獣医学部2008年の第1問に、「詐欺」に関する長文が出題されています。

私自身最近詐欺的犯罪の被害に遭い、金銭的に大きな打撃を受けました。それだけに、強い関心をもって読みました。

最後の方に、メルセデスベンツをたったの75ドルで売る女性の話があります。ベンツがたったの75ドル!?ありえないですよね、ふつう。

なんでだろう?詐欺?

そう思います。私もそう思いました。

しかし実は意外な「オチ」がついていて、「なるほど、こんなこともあるのか〜」と思ってしまいました。

さて、その女性の夫は、女性を捨てて、もっと若い女のところへ行ってしまったらしいんですね。

これを文中では、どう英語で表現しているでしょうか・・・?

それは、

A month ago he left me for a younger woman.

です。

基本的な熟語 leave A for B =「Aを去ってBへ行く」を、こんなふうに、女性関係にもうまく使えるんです!

ちなみに、このfor ですが、以前紹介したとおり「交換」のニュアンスも感じられます。その女性と、もっと若い女性とを交換したんですからねえ。
posted by Koichi at 00:51| Comment(0) | 英熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

X JAPAN と大学受験英熟語

現在私はひょんなことから台湾の台北に来ています。


英語講師だけに英語圏に行きたかった、という気もしなくもないのですが、これはこれでいい勉強です。

中国語も勉強しています(笑)
*台湾には台湾語というものもありますが、学校教育で教えられているのは中国語です。


さて、台湾にもX JAPAN が来るということで、台湾人向けのファンクラブもあるようですね。私もちょくちょく聞いています。


X JAPANのWEEK END という曲のライブ盤を今よく聞いているんですが、まあ最初はよく歌詞が聞き取れなかったのです。


で、さびの部分の英語などを特に知りたく思い、調べてみました。すると、意外にもよくできているではありませんか。


「week end」という言葉の繰り返しのあとに登場するフレーズは、


I'm at my wits' end


です。


be at one's wits' end というのは、いちおう大学受験英熟語に分類はされるものの、まああんまり出るわけでもないといった表現です。


wit という名詞は、複数形でwits とすれば、「素早く考えてよい決断を出せる能力」といったニュアンスを持てます。


それをふまえると、be at one's wits' end というのは、「もう考えるの無理」という行き詰ってどうしていいかわからない状態のことを指すことがわかるでしょう。


以上、意外なところに潜んでいた大学受験英語でした(笑)。

posted by Koichi at 09:27| Comment(0) | 英熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

stand up to とwear

stand up というと、

ふつうまず「立ち上がる」という

ニュアンスになりますけど、

以前の記事で書いた意外な意味として、

stand up (人) =「(人)との(デートなどの約束を)すっぽかす」

というのがありました。


それはstand が他動詞になっている例ですね。

(人) を目的語にとっています。


それ以外にも、早稲田(人間科学)の2005年の過去問で、

stand up to wear

という表現が出てきています。


前置詞to を、選択肢から選んで穴埋めする問題です。


stand up to 〜」というと、なんとなくニュアンスは

想像がつくと思うのですが、

〜に立ち向かう」という意味になります。


たとえば、

stand up to tyranny =「圧制に立ち向かう」

という具合です。

tyranny[圧制]は、システム英単語でレベル4に
分類されています。いちおう大学受験英単語です)


じゃあstand up to wear は??


これがわかるためには、wear名詞です!)が

すり減っていくこと、摩耗

という意味になることを知っていないと

意味不明でしょう。


このwear の名詞の意味、ひょっとしたら

意外かもしれないですけどね。



んで、stand up to wear の意味は、

すり減ることに立ち向かう」、

つまり、「長持ちする」という

ニュアンスになります。


ちなみに、その早稲田の問題に前置詞to を

補った後の英文は以下の通りです:


Denim jeans are quite comfortable and

they stand up to wear very well.

(デニムのジーンズはなかなか快適で、

すり切れずにとても長持ちする)



潮田耕一


posted by Koichi at 08:31| Comment(0) | 英熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

in case of と in "the" case of

case=「場合」という英単語は、

カタカナで「ケース」として

日本語でも使われますよね。


そのcase を使った熟語に、

「もし〜が起こった場合には」

という意味の

「in case of 」

というのがあります。


高校の授業で、1年か2年のときに

習うような標準的熟語です。


たとえば、「火事が起きた場合には」は、

in case of fire

のようになります。


簡単な熟語なのですけど、

一つ気をつけることがあります。


それは、

case にthe とかつけないこと

です。


この熟語、case に冠詞(a とかthe とか)を

つけない
んですよ。


文法的に考えるとおかしいっちゃ

おかしいんですけど、

そこは受け入れるしかないです。


で、英作文とかでこの熟語を使おうとして、

in the case of 〜

と書いてしまったとします。


そうすると、違う意味になります。


それは、

〜の場合には

という意味です。


例えば、

in the case of Japan (日本の場合には)

のように使います。


これをもしも、

in case of Japan

と書いたら、

日本が起きた場合には

となって、まったく意味不明です(笑)


the ひとつで意味が大きく変わりますから、

そのへんまで注意を払いたいものです!


潮田耕一
posted by Koichi at 12:33| Comment(1) | 英熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

受話器をそのままにしてお待ち下さい

青山学院大学の2005年の入試問題に

このような選択問題があります。


(交換手が)そのままちょっとお待ちください

Please hold the ( ) for a moment.

a. conversation
b. call
c. line
d. receiver



上記の日本語の意味になるように、正しい選択肢を

選んでください。


これは熟語の問題なので、いくら考えたって

知らない場合にはまちがえちゃうと思います。


答えは c. line です。

hold the line で、「電話を切らずに待つ

という決まり文句です。


でも、もしその熟語を知らなかったとしますよ?

そうすると、d. receiver という

選択肢が、とても選びたくなってきませんか??


「受話器はそのまま持っててねってことじゃん!?」

と、絶対思う人がいると思います。


でも、言わないんですよね〜、これが。

だから・・・すごく言えそうだけど、残念!!


潮田耕一
posted by Koichi at 10:53| Comment(0) | 英熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

デートをすっぽかす!

青山学院大学の2005年の入試問題に

このような選択問題があります。


My boyfriend stood me ( ) on our last date.

a. up b. down c. in d. back



4つの選択肢の中から選んで、正しいのを

入れるわけですね。



これは、英会話表現としてはとても自然ですが、

大学入試となると、ちょっと知らない人も多いだろうな、

と思う表現です。

(でも、こうして出ちゃったわけですけどね)



答えは、a. up です。


stand up というのは、人を目的語にとって、

その人との約束(たいていデート)を

「すっぽかす」
という意味なんです。



ちょっと意外な意味じゃないですか??

私も高校生時代はこれは知りませんでした。

たぶん初めてこれを学んだのは大学時代でしたよ。



潮田耕一
posted by Koichi at 16:06| Comment(0) | 英熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

いいよ、それで決まりね。

昨日のつづきで、モーテルの
エコノロッジでの交渉の話です。

ハイウェイのサービスエリアで無料で置いてある
モーテルのクーポン集を持っていきました。

1泊50ドルを切る安さでしたが、
その料金は1泊目だけでした。

2泊目は、70ドルを超える普通の料金になる、
と言ってきました。

当然のように私は、
「じゃあ1泊でいい」
とこたえます。

モーテルの人は、
「じゃあ2泊目は10ドル割り引くよ。それでどう?」
と言ってきます。

「いや1泊でいい」
「2泊目はいくらがいいの?」
「1泊目と同じ値段」
「それは無理。10ドル引くからそれでよくない?」
「じゃあまあいいよ。チェックインは何時?」
「3時」
「まだ12時だけど、荷物くらい置かせてもらえる?」
「早めのチェックインはプラス10ドルかかる」
「荷物置くだけだし、置いたらおれらはいなくなる。3時以降に帰ってくるよ」
「じゃあいいよ、追加料金なしでもうチェックインしていいよ」
「ありがと!」

とまあこんな感じです。

私は日本語のときは交渉なんてまったくしない、
ただの無害でおとなしい人間ですが、
英語だとちょっとはがんばれます。

「それで手を打とう、それでいいよ」という決まり文句は、
That's a deal!
とか、単に
Deal!
という言い方があります。

私はそのときは、
Ok, that's a deal.
と、少し不満そうな言い方で言ってみました。

ここで少し不満を見せつつも譲歩したから、
その後、早いチェックインに対しての追加料金を
相手がお返しに免除してくれたのかな、
という気も少しします。

実際、2泊しないで、また別の近くのモーテルに移る手も
ありました。
そうすれば、またクーポン利用で50ドルを切る値段で泊まれましたし。

それに、ハワード・ジョンソン・イン(Howard Johnson Inn)という、
安いモーテルがすぐ近くにありました。
これもアメリカのみならず世界のいろいろなところにあるモーテル
です。

しかし、移るとなると、チェックアウトして、また新しい
モーテルのチェックインまで荷物をもってぶらぶらするという
面倒なことになります。

だから、同じところに2泊するのが本当は楽だったんですよ。
それでも「1泊でいい」と言い張ってみてよかったと思います。


潮田耕一
posted by Koichi at 06:05| Comment(0) | 英熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

continue とgo on

continue(コンティニュー) という英単語は、
続く
という自動詞にもなれるし、
〜を続ける
という他動詞にもなれます。

そしてその際同時に、目的語には名詞だけでなく、
to不定詞もくるし、かつ動名詞もくる
ということまで覚えておくものです。

つまり、

continue to do = continue 〜ing =〜し続ける
ということですね。

continue と同じ意味を持つ英熟語として、
go on というものも習うと思います。

これも、単にgo on であれば、
自動詞的に
続く
という意味になりますが、
go on 〜ing
と言えば、
〜し続ける
という他動詞的な意味になります。

ただし!

go on の後ろにto 不定詞をつけたときだけ、
意味が違うんですよね・・・

そこまでちゃんとおさえましょう。

go on to do =「続いて〜する」

です。

何が違うか、わかりますか?
きっとわかりにくいと思います。

説明すると、

go on to do

は、

同じことをやり続けるという
 意味で使うのではない


のです。

そうではなく、

一つの動作が終わって、じゃあその次に進むぞ、
 ということで、続いて次の動作に移る


という意味なのです!

ほんとうに勘違いしやすい点なので、
知らなかった方は
しっかり覚えておいてくださいね!


↓メルマガ好評発行中!
開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術
メールマガジン[まぐまぐ!]
まぐまぐ!』から発行しています。

潮田の他サイト:
英語の達人養成塾
〜開成・東大・英検1級・TOEIC満点講師がついに語った究極の学習法〜


潮田の他のブログ:
大学受験を超えたレベルの英語を毎日楽しく攻略!
『TOEIC990ゲットな気分』


大学受験生も、一般的な英語の学習者も必見の
英語参考書をリストアップ!
『英語参考書丸秘活用術』


新ブログ登場!!
10秒でおさえる英語の急所!初級編!
10秒でおさえる英語の急所!中級編!
10秒でおさえる英語の急所!上級編!

潮田耕一
posted by Koichi at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 英熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

come to の2パターン

come to 〜 という表現は、ふつう
「〜に来る」
というたいへんシンプルな意味に
なります。

そこから派生して、さまざまな英熟語に
なったりすることはもちろんあります
けどね。

今年の上智の問題でも、
「come to nothing =無に帰す、無駄に終わる」
という英熟語が登場していました。

たとえば、

All the work I have done came to nothing.
私がやった全ての仕事が無駄に終わった。


のように使います。
かなり悲しいですね、こんなこと起きたら(><)

で、やはり今年の上智で、come to
がこのような使われ方もしていました。

She came to a few minutes later...

これを、
「彼女は数分後に来た」
と訳してしまったら、アウトです!

だって、come to 〜は、
〜という「場所」に来る、
という意味じゃないですか?

a few minutes は、場所じゃなくて時間です。

実はこのcome to は、
「(気を失っている状態の人が)気がつく、意識を取り戻す」
という意味の英熟語です!

そして大事な点ですが、
このcome to のto は副詞です!

なので、come to だけで完結する英熟語なんです。

いつものふつうのcome to 〜は、
to が前置詞ですから、
「〜に来る」
というふうに、後ろにくっついている名詞
とセットで必ず日本語にします
よね?

でも、英熟語のcome to は、come to だけで
完結していて、to は副詞なので、
後ろに名詞が来ません。


She came to a few minutes later...
という例文を見直すと、
a few minutes later という部分は、
時を表す副詞句
ですよ、文法的に言うと。

to の後ろに名詞は来ていませんよね?

ということで、

come to
=「(気を失っている状態の人が)気がつく、意識を取り戻す」


というのもぜひ押さえておいてください!



潮田の他のブログ:
大学受験を超えたレベルの英語を毎日楽しく攻略!
『TOEIC990ゲットな気分〜英語学習・英単語・英文法』


大学受験生も、一般的な英語の学習者も必見の
英語参考書をリストアップ!
『英語参考書丸秘活用術』


潮田耕一
posted by Koichi at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 英熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

「何の」関係がある??

「〜とまったく関係がない」
という大学受験の標準的英熟語に、

have nothing to do with 〜

という長ったらしいものがあります。

これはその変形バージョンもあります。

たとえば、nothing の部分をsomething に
変えると、意味も変わります。

「have something to do with 〜
 =〜といくらか関係がある」

というふうに、something のニュアンスが
訳に加わります。

さらには、その部分にlittle を入れることで、

「have little to do with 〜
 〜とほとんど関係がない」
 
というふうに、little のニュアンスが
加わったバージョンも作れます。

このlittle は名詞ですよ。
へんな日本語にしかなりませんが、
「ほとんどないもの」という意味です。

では、これらのさらに変形バージョンで、

「AはBとなんの関係があるのか?」

という疑問文だったら、どうなるでしょうか?

「なんの」という日本語が入っていることから
推測できるように、疑問詞what を使います。

ちょっとまわりくどいかもしれませんが、
本来、この文の作り方を考える際は
こうします:

@have something to do with 〜
 が、「『何か』の関係がある」なら、
 「『何の』関係がある?」なら、
 have what to do with 〜
 となるはずだ。

Aしかしwhat は疑問詞なので、文の
 先頭に出る必要がある。
 「AはBとなんの関係があるのか?」
 なら、
 What A has to do with B?
 のはずだ。

Bしかししかし、What で始めたら
 疑問文なんだから、「A has」の部分は
 「does A have」
 という疑問文でおなじみの語順に
 かえなくちゃいけないじゃないか!

Cうむ、これで完成した。
 What does A have to do with B?
 だな!
 
これが、文法的に構造をちょっと
きちっと追ってみた説明だったりします。


潮田耕一

↓メルマガ発行開始です!!

開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術
(ID:0000188697) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム
『開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術』バックナンバー
メールマガジン[まぐまぐ!]
まぐまぐ!』から発行しています。
posted by Koichi at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 英熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

遠まわしな「最高だ!」

例えば
How are you?
にこたえるとき、
いいことがあって最高な気分であれば、
もちろん「最高だよ!」と
こたえていいのですが、
そのときこんな言い方はいかがですか?

Couldn't be better!

これは最近大学入試でよく出るパターンです。
知らない生徒はまず理解できないでしょう。

主語を省略するのがふつうなのですけど、
補うのなら、I が省略されていると考えられます。
つまり、わかりやすくすれば、

I couldn't be better.

です。

そしてこのcouldn't は、仮定法だと思ってください。
if 節がないですが、暗黙のうちに、
「たとえなにがあっても」
のような仮定があると思ってください。

おまけに、better がありますよね、比較級です。
いったい「何より」better なんですかね?
これは、「今の私の気分」より、と思ってください。

肉付けしまくってしまいましたが、これらをふまえて
直訳すると、
「たとえなにがあっても、私は今の気分より良くはなれない!」
となります。
そんなまわりくどい言い方せず、もっとストレートに
言い換えれば、
「今が最高です!」
という意味ですよね?

これでやっとわかってもらえたと思います。
Couldn't be better
は「最高です」という気持ちを表すものなんです。

福永法源が、
「みなさん、最高ですか〜!?」「最高です〜!」
というへんな宗教をやって逮捕されましたが、
その最高の境地がCouldn't be better. です。

潮田耕一

↓メルマガ発行開始です!!

開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術
(ID:0000188697) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム
『開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術』バックナンバー
メールマガジン[まぐまぐ!]
まぐまぐ!』から発行しています。
posted by Koichi at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 英熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

How are you? にどう答える!?

日本で伝統的に教えられる型によれば、

A: How are you? 
B: I'm fine. And you?
A: I'm fine too. Thank you.

というのがありますよね。

べつにこれがまちがってはいないんですけど、
ネイティブの人に

How are you? 

と言われるたびに

I'm fine.

とばかり答えていると
つまらないですよね?

そこで私もNOVAにいた頃、

「バリエーションつけたいから、
他にどんな答え方があるのか
教えてよ!」

とネイティブの先生に頼んで、
たくさん書いてもらいました。

なんか無駄にいろいろあった覚えが(笑)

たとえば、

Can't complain.
(「文句は言えない」=)そこそこだよ
*主語の「I」は省いてしまうのがふつうです

I'm just getting by.
なんとかやってるよ。

I'm just keeping my head above water.
(「水の上に顔だけは出してるよ」=)まあなんとか生きてるよ。

とかがあった記憶があります。

get by は、「なんとかやっていく」という
受験英語レベルにおさまる英熟語です。

最初はおもしろくていろいろ
ヴァリエーションをつけてましたが、
最後には結局

Good.
Pretty good.
I'm good.

くらいしか言わなくなっちゃいました。

まあ日々繰り返されるあいさつですし、
シンプルな英語表現で落ち着いた、というかんじです。

↓メルマガ発行開始です!!

開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術
(ID:0000188697) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム
『開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術』バックナンバー
メールマガジン[まぐまぐ!]
まぐまぐ!』から発行しています。

潮田の他サイト:
英語の達人養成塾
〜開成・東大・英検1級・TOEIC満点講師がついに語った究極の学習法〜


潮田の他のブログ:
大学受験を超えたレベルの英語を毎日楽しく攻略!
『TOEIC990ゲットな気分』


大学受験生も、一般的な英語の学習者も必見の
英語参考書をリストアップ!
『英語参考書丸秘活用術』


潮田耕一
posted by Koichi at 01:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 英熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

足を引っ張るように見えて・・・

私が高校生の頃は覚えていなかったものの、
最近の大学入試問題を見ているとしばしば
みかける英熟語が、これです。

pull one's leg

直訳すると、どう考えても
「足を引っ張る」
という意味に思えます。

そういう勘違いを大学側も狙って
出すのでしょうね。

この英熟語の本当の意味は、
「人をからかう」という意味です。

Are you pulling my leg?

であれば、

私をからかってるの?

という意味になります。

何で足を引っ張るとからかう
ことになるのか、
英熟語の由来が書いてある本を
調べてみましたが、
この英熟語に関しては不明だそうです。

私はこの英熟語を、
高校生時代はもちろん、
大学生活前半も知りませんでした。

つまり、TOEICで950を取ったときも
知らなかったことになります・・・
ちょっと情けない話ですけど(笑)

知ったのはけっこう遅いタイミングで、
たしか大学3か4年の頃に
NOVAでネイティブの先生が使っていたので
覚えた記憶があります。

まあ意外とそんなものです。

受験英語をとりあえずやってのけた後も、
ぜひ英単語・英熟語など、学習は続けて
ほしいなと思います。

TOEICやTOEFL、英検準1級や英検1級を
目標とすることもできますしね!

↓メルマガ発行開始です!!

開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術
(ID:0000188697) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム
『開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術』バックナンバー
メールマガジン[まぐまぐ!]
まぐまぐ!』から発行しています。

潮田の他サイト:
英語の達人養成塾
〜開成・東大・英検1級・TOEIC満点講師がついに語った究極の学習法〜


潮田の他のブログ:
大学受験を超えたレベルの英語を毎日楽しく攻略!
『TOEIC990ゲットな気分』


大学受験生も、一般的な英語の学習者も必見の
英語参考書をリストアップ!
『英語参考書丸秘活用術』


潮田耕一
posted by Koichi at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 英熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。