[単語の音声の聞き方]

こちら(海外有名英英辞典サイト)にアクセスし、画面中央の「Enter a word or phrase」という枠内に単語を打ち、右の赤い「SEARCH」ボタンを押してください。

検索した単語の横に赤い音声マークが付いているはずです。それを押せば音声が聞けます。

Google
WWW を検索 当サイト を検索

2006年05月27日

フランスの首都はどこ?

東邦大学医学部の2002年の過去問です。

間違いを探す問題です。


"Do you know where the capital of France is?"

"Yes, it's Paris. I've visited it once."




これは、日本語の発想の盲点を突くものです。


日本語では、

「フランスの首都はどこ?」

という言い方をしますよね。

「フランスの首都は何?」

と言うことはまずありません。



しかし、英語の場合は、

そうは行かないんですよ。


「どこ」="where" を使ってしまうと、

それがどこにあるかの「場所」を

聞いてしまうんです。


たとえば、フランスの首都は


「フランスの北のあたりにあるよ」


とか、そういうことを聞いちゃうことに

なります。



そうじゃなくて、ここでは、

フランスの首都がパリである

ということを聞きだしたいわけです。


その場合には、what を使います!


文法的に考えても、

The capital of France is Paris.
(フランスの首都はパリです)

という文があったとして、

Paris という「名詞」を聞きたいわけですよね?


「名詞」を聞きたいときは、"what" を使います。



where を使って聞くのは、

場所を表す「前置詞句」ですよね?

He lives in Tokyo.
(彼は東京に住んでいる)

という文で、in Tokyo という前置詞句の代わりに

where を使って、

Where does he live?
(彼はどこに住んでるの?)

と質問するわけです。


こういう、what とwhere のちがいに、

気をつけておきましょう!


潮田耕一


posted by Koichi at 17:26| Comment(0) | 英文法レベル標準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

「何があなたにそう言わせるのか?」

道で迷ったアイルランド人を助けて、
とりあえず近くのホテルに案内したことがありました。


翌日チェックアウト頃にまた行って
チェックアウト作業を助け、もっと安いホテルに
連れて行きました。


そして一緒にテレビを見ながらしゃべっていたら、
中国っぽい演劇がやってました。


私が、

「あれ中国だよ、日本じゃない」

と言うと、そのアイルランド人は、

What makes you say that?

と言いました。


はて、what makes you say that? とは・・・

何が私にそう言わせるのか・・・?

あ〜、なんで中国だってわかったかってことか!


私はすぐに反応できず、こんなふうに
考えてしまいました。


「くそ、考えればわかるが、一瞬では反応できなかった!
 くやしい!」

 
そう思いました。

このmake は、高校英文法で言えば、使役動詞ですよね。

「make+(人)+(動詞の原形)」  です!

「(人)に〜させる」

という意味ですよね!


What makes you say that?  は、直訳すれば、

「何があなたにそれを言わせるのか?」

です。


つまり、「何でそうだって言えるの?」

という意味なんですね。


大学受験でつちかった受験英語は、会話でも役に立ちますよ!

なれないうちは、反応は遅いですけど・・・(>△<)


潮田耕一
posted by Koichi at 12:48| Comment(2) | 英文法レベル標準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

オペラ座の怪人と大学受験英文法

アメリカに行ったとき、
ニューヨークのブロードウェイミュージカルを
見ました。

「オペラ座の怪人」です。

英語で言うと、

the phantom of the opera

となります。

ファントム(phantom)は、
私くらいの世代だと、高校生のときB'z が

「Love Phantom(ラブ・ファントム)」

というスーパーヒット曲を出していたので、
多くの人がなじんでいる単語です。


劇内のせりふに、
(すべてオペラとして歌われていてびっくりしました)
ちょうど大学受験の題材として適切なものが
あったのでそれを書いてみようと思います。


怪人は、自分の思い通りの配役でもって
劇が行われるように、劇団に脅迫めいた
通知を出します。

そして、このようなせりふを言います。

Should these commands be ignored,
a disaster beyond your imagination will occur!



さて、この文のポイントは、

・Should が何なのか?

につきます。

Should が文の先頭にありますよね。

一般に、Should が先頭に来るのは、
以下の2つの場合です。

・疑問文のとき
・仮定法未来のif を省略した形


ですので、明らかに本文は疑問文ではないので、
仮定法未来、すなわち、

「万が一〜すれば・・・」

という構文だと考えることができます!

ここまで分かればもう勝ったも同然です。

訳すと、

「これらの命令が万が一無視されることがあったならば、
 おまえたちの想像を絶するような災害が起こることだろう!」

 
かっこよくてしびれますよね!!

beyond one's imagination (〜の想像を超えた)も、
高校の授業とかでふつうに習ったりする熟語のはずです。

実際こうやって使われているので、学ぶ意味はあります!


潮田耕一
posted by Koichi at 12:18| Comment(0) | 英文法レベル標準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

sayとtell、助動詞+過去分詞

現在浪人中の、私のもと生徒の一人から、
こういう問題について質問が来ました。

You ( ) John anything. It was none of his business.

@can't have told
Amust have said
Bneedn't have said
Cshoudn't have told

レベル的には、高校1・2年の定期試験で
出そうなレベルです。


よろしければ、みなさんも少しの時間
考えてみてください。


では、私が返信した解説をそのまま
以下に示します。

この文法問題とを解く際の、
模範的な解法の一例です:


まず、空欄のうしろに、
John とanythingという2つが並んでいるから、
後ろに2つ目的語を並べられる動詞が使われている
選択肢を選ぶ必要がある。

となると、say はダメで、tell が
使われている選択肢から選ぶしかない。

つまり、@とCだね。

say は、「say 物 to 人」というパターンはあるけど、
「say 人 物」 というように2つ並べる言い方はできない、
ということは知っているよね?かなり基本。

で、@とCを検証する。

@は、「can't have 過去分詞」だから、
「〜したはずがない」という意味になる。

Cは、「shouldn't have 過去分詞」だから、
「〜するべきではなかった」という意味になる。

これだけじゃわからんから、後ろの文を見ると、

It was none of his business.

つまり、
「それは彼には何の関係もないことだ」
という意味になっている。

It is none of (人)'s business というのは、

「(人)には何も関係のないことだ」

という熟語ね。

その意味から考えると、Cを選んで、

「ジョンには何もいうべきではなかった。
 彼には何も関係のないことだったのだから」

という文章にしたほうがよいだろうと思うよ。

@もありえなくはないと思うけどね。

「あなたはジョンに何も言ったはずはない。
 彼には何も関係のないことだったのだから」

という意味になるけど、やや苦しい気はするなあ。
まあでも少なくとも文法的には、@も入りえるよ。


以上でした。

正解はCです。


潮田耕一
posted by Koichi at 01:22| Comment(0) | 英文法レベル標準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

頻度の副詞を整理しよう

「頻度の副詞」という英単語群(?)が
あるのをご存知ですか?

きっとご存知でしょうね。

ちゃんとすらすら出てきますでしょうか?
「頻度の副詞」はしゃれじゃないですが、
使う頻度が高いので、
受験英語に登場する主要なものは
すらすら出てくるようにおさえましょう!

頻度の副詞の主要なものといえば、
以下のような英単語でしょう。

頻度が高いほうから低いほうに並べます。

まずは中学生でもおさえるべき
5つの副詞から:

100% always
↓ usually
↓ often
↓ sometimes
0% never


という具合になります。
これらはすでに多くの人が見慣れていて、
問題がないことと思います。

そして、大学受験英語に入ってくる
英単語も追加すると、こうなります:


100% always
↓ usually
↓ often, frequently
↓ sometimes, occasionally
0% never


はい、2つばかり追加してみました。

じゃあとどめに(笑)、
頻度の副詞句といいますか、
頻度を表す英熟語も加えてみます。

こうなります:

100% always
↓ usually, as a rule
↓ often, frequently
↓ sometimes, occasionally, at intervals, at times,
from time to time, now and then, once in a while, on occasion
0% never


sometimes の横に、それと同じ意味の
英熟語がどかどかどかっと
並びました(笑)。

なかなか笑えますよね、
これだけたくさんあると。

これらはすべて、
英単語・英熟語集のたぐいに
ふつうに載っている標準的な
英単語・英熟語ですから、
ぜひともすべて正しく分類して
頭に入れておいてくださいね!

↓メルマガ好評発行中!
開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術
メールマガジン[まぐまぐ!]
まぐまぐ!』から発行しています。

潮田耕一

潮田の他サイト:
英語の達人養成塾
〜開成・東大・英検1級・TOEIC満点講師がついに語った究極の学習法〜


潮田の他のブログ:
大学受験を超えたレベルの英語を毎日楽しく攻略!
『TOEIC990ゲットな気分』


大学受験生も、一般的な英語の学習者も必見の
英語参考書をリストアップ!
『英語参考書丸秘活用術』


新ブログ登場!!
10秒でおさえる英語の急所!初級編!
10秒でおさえる英語の急所!中級編!
10秒でおさえる英語の急所!上級編!

潮田耕一
posted by Koichi at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 英文法レベル標準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

そのとおり!=It's right??

そのとおり!
と相手にうなずくとき、

That's right!

という表現がありますよね。

直訳は
「それは正しい」
です。


または、
「それはよかった」
と言いたいとき、

That's good.

とも言いますよね。

これらの表現ですが、
「それ」=it と考えた人は、

It's right!
It's good!

と言ってしまうわけですよね?


it を使ってもいいと思いますか?

答はダメです。

it もthat も「それ」と訳してOKですけど、
使われる「発想」がちがうんです。



区別する目安を以下に示します。

that はシンプルに、相手の直前の話を指します!

it はそうではなくて、
「一般的に」そういうことは正しいよね、いいよね、
という話のときに使います。


例1
You are from America, right?(アメリカ出身だよね?)
Yeah. That's right. (うん。そのとおり。)

例2
Do you think it's right to tell lies? (うそをつくのって正しいと思う?)
No, I don't think it's right. (いや。正しくないと思うよ。)


新ブログ登場!!
10秒でおさえる英語の急所!初級編!
10秒でおさえる英語の急所!中級編!
10秒でおさえる英語の急所!上級編!


↓メルマガ好評発行中!
開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術
メールマガジン[まぐまぐ!]
まぐまぐ!』から発行しています。

潮田耕一
posted by Koichi at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 英文法レベル標準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

pill の場合もdrink はダメ!

慶応看護の正誤問題は、やっていると
とてもおもしろいです!
 
文法力・注意力がとても試されます。
 
英語を学習中の大人の方も、
すごくやる価値はある問題だと思います。
 
今回取り上げようと思うのは、
よくある
「薬を飲む」
ときに、
drink
は使わずに、
take
を使う、というパターンの応用です。
 
こんな文が今年出ていました。
 
I drank the pills that the doctor gave me…
私は医者がくれた錠剤を飲んだ
 
これを解く際には、pill という単語が分かっているか
どうかが分かれ目になります。
 
残念ながら、手元にある駿台の『システム英単語』には
載っていない英単語です。
 
なので、その英単語を知らない、という人もふつうに
いるかと思います。
 
そういう場合は、
 
医者がくれたもので、かつ飲むものと
言ったら、薬関係のものじゃない?
 
と推測して、
 
だったらdrink じゃまずいだろうな、
take にする必要があるんだろうな
 
と推測するしかないっすね!
あまり無理なことではないと思います。
 
ストレートに英単語の意味がすぐわからない場合でも、
もっている知識を応用し、推測しましょう!
 


↓メルマガ発行開始です!!

開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術
(ID:0000188697) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム
『開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術』バックナンバー
メールマガジン[まぐまぐ!]
まぐまぐ!』から発行しています。

潮田の他サイト:
英語の達人養成塾
〜開成・東大・英検1級・TOEIC満点講師がついに語った究極の学習法〜


潮田の他のブログ:
大学受験を超えたレベルの英語を毎日楽しく攻略!
『TOEIC990ゲットな気分』


大学受験生も、一般的な英語の学習者も必見の
英語参考書をリストアップ!
『英語参考書丸秘活用術』


潮田耕一
posted by Koichi at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 英文法レベル標準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

前置詞ひとつでこんなに文意が変わります

北海道大学の今年の入試問題の長文で、
タンザニアで英語を教えている教師の文章が
出てきました。

現地の子どもがpreposition についての
理解がいまいちで、
Go apologize to your brother by punching him in the nose.
みたいな誤った文を書いてしまう、
という話が文章の冒頭部分にあります。

そして北大が出した問は、
その
Go apologize to your brother by punching him in the nose.
という文の1語を訂正して、自然な意味になるようにしなさい、
というものでした。

この問に正しく答えるには、
のぞましくはさきほど登場した
preposition という単語を知っていたほうが
いいです。
注はついていませんでしたし。

preposition は、
「前置詞」
という意味の英単語です。

pre が「前」のニュアンスがあるし、
position は「位置」ですから、
「前置詞」っぽいニュアンスは
たしかに持っている語です。

この意味が分かっていれば、話の筋として
「あ、きっと前置詞がまちがってるんだね」
とすぐ推測できます。

ただ、わかっていなかったとしても、まだ
正解できる可能性は十分あります。

単純に、
Go apologize to your brother by punching him in the nose.
という文だけを見て、間違い探しをするだけでも、
なんとかなるはずだからです。

さて、この文ですが、そのまま訳すと
「弟(またはお兄さん)に、鼻にパンチをすることによって、謝りに行きなさい」
となります。

意味不明ですよね。パンチをしちゃったら、ぜんぜん謝る気ないですよ。

そうじゃなくて、これは、
鼻にパンチをしちゃってごめんね、と謝りに行きなさい
という話だったなら、自然だと思いませんか?

そして、apologize が取る基本的なパターンですが、
それは
「apologize to 人 for 〜 =〜(したこと)について(人)に謝る」
というものですよね。

以上より、先ほどの文の前置詞by をfor に改めて、
Go apologize to your brother for punching him in the nose.
とするのが正解です。

受験英語の中にも、堅苦しい問題ばかりじゃなくて、
こういうちょっとクイズっぽい問題もたまにはあると
おもしろいですね!


潮田耕一

↓メルマガ発行開始です!!

開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術
(ID:0000188697) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム
『開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術』バックナンバー
メールマガジン[まぐまぐ!]
まぐまぐ!』から発行しています。
posted by Koichi at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 英文法レベル標準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

分数表現1000分の1

今年の東大の英語の入試問題5番の
長文中で、

a thousandth of a second

という表現が出てきていました。

このa thousandth というのは分数表現で、
1000分の1
という意味です。

thousand は1000 のことですよね。
一般に、数字にth をつけて、
冠詞のa をつければ、
(数字)分の1
という分数になります。

例外としては、
2分の1はa half
3分の1はa third
ですが、
それ以外はth で終わります。

(厳密にはa fifth が、
th で終わってはいるものの、
five →fif という変化をしているので、
要注意です)

分数表現というのは、高校英文法で
いちおう習うものですが、なかなか
実際に長文中で出てくる頻度は低いし、
ましてや
「1000分の1」
という表現にいたっては、実際に
問題中で使われているのを目にするのは
珍しいことだなあ、と興味深く思いました。

潮田耕一

posted by Koichi at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 英文法レベル標準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

face とproblem の組み合わせ方

face というのは、もちろん
「顔」という英単語(名詞)
なわけですけど、
動詞の場合には「直面する」という
意味になることも絶対知っておかなくては
いけません。

で、そのface なのですが、使われ方が
おもしろい(やっかい?)なので、
少し書いておきます。

たとえば、子育てとかをする上で
「親たちが直面する問題」
という表現を、face とproblems を
使って言ってみましょう。

ひとつの言い方は、
problems (thatまたはwhich) parents face
です。

このように、face は
人を主語に、直面するもの(この場合は「問題」)を
目的語に取ることができます。

しかし!それだけではありません。

2つめのパターンがあります。それは、
problems that(またはwhich) face parents
という言い方です。

分詞が好きな人は、
problems facing parents
と言っても同様の意味です。

つまり、face は、
「物」を主語にして、「人」を目的語に
することもできるわけです。
1つめのパターンとはまったく逆に
なることもできるわけです。

ここまでちゃんとわかっていると、
たとえば今年の早稲田のスポーツ科学で
出た正誤問題などで迷いません。

下線が引かれている箇所から、間違っているものを
探す問題なのですけど、

...the important social problems facing the country...
(その国が直面している重要な社会問題)

という部分があり、facing に下線が引かれていています。
このface の使い方は、今説明を書きましたように、
正しい使い方である、ということになります。

おもしろいですよね、このface。
なんで主語と目的語を入れ替えても同じ意味になるんだか・・・
と、初めて知ったときには驚きあきれました(笑)


潮田耕一

↓メルマガ発行開始です!!

開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術
(ID:0000188697) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム
『開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術』バックナンバー
メールマガジン[まぐまぐ!]
まぐまぐ!』から発行しています。
posted by Koichi at 04:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 英文法レベル標準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

立命館の標準的良問

今年の立命館の文法問題でこのような
ものがありました。

空所に入れるのに適した英単語を選択肢から選ぶ問題です。

(     ) of them seems happy with his performance.

1 All
2 Both
3 Every
4 Neither




さて、答えは決まりましたか?


正解は4 Neither です。

選択肢1, 2, 4 に関しては、とりあえず
of them がつくことが可能です。

つまり、

All of them
Both of them
Neither of them

という言い方はOK
です。

Every に関しては、
Every of them
はダメ
です。

代わりに、

Every one of them
Each of them


なら言えます。
これは覚えるしかないところです。

さて次に、文の動詞seem にs
ついています。

ということは、3人称単数現在形なわけです。

となれば、

All of them (彼らのすべて)
Both of them (彼らの両方)

の2つに関しては、3人称「複数」に
なってしまうので、ダメです。

というわけで答えは、
Neither of them
ということになります。

Neither of という表現は、

人または物が「2つ」のとき、
そのどちらも〜ない


と言うときの基本的な表現ですよね。

どちらも〜ない、というわけなのですが、
文法的には「単数」として扱う、ということ
まできっちり覚えましょう。

この問題はごく標準的な難易度で、
ちゃんと文法的に考えないと解けない
ようになっているので、良い問題だな、
と思いました。

潮田耕一

↓メルマガ発行開始です!!

開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術
(ID:0000188697) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム
『開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術』バックナンバー
メールマガジン[まぐまぐ!]
まぐまぐ!』から発行しています。
posted by Koichi at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 英文法レベル標準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

英単語"opposite" の前置詞の変化

やはり今年の慶應看護の正誤問題ですが、
以下のような文がありました。

When I was a junior high school student, I was amazed to discover that
the seasons in Australia are the opposite to Japan's.
(私が中学生の頃、オーストラリアの季節が日本の反対であると発見して驚いた。)

本当は下線が引かれています。
1つめのwas, to discover, are, 2つめのto
の4箇所です。

人によっては、are があやしいと思うかも知れません。

「この文は過去の話をしている、なのにここだけ現在形に
 なっている・・・。時制が一致してない。おかしい。」


と考えるかもしれません。

しかし、これはむしろ現在形でまったく問題ないです。

時制の一致の例外で、過去のことであっても、「今」でも
変わることなく言えている事に関しては、現在形で書けます。


オーストラリアの季節は、今でも日本と反対ですよ。
変わることなく。


なので、are でOKです。

間違っている箇所は、the opposite to のto です。

opposite という英単語は、
@形容詞のときは
be opposite to 〜=「〜と反対である」
というパターンをとります。
A名詞のときは、
the opposite of 〜=「〜の反対」というパターンをとります。

opposite と言うと、前置詞はto だと
しか思っていない人が多い
のですが、
実は名詞のときはof とセットということまで
踏み込んでおかないといけません。

これくらいのレベルが出てこそ慶應
だと言えると思います。

潮田耕一

↓メルマガ発行開始です!!

開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術
(ID:0000188697) 読者登録解遜フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解遜できます。

登録フォーム

解遜フォーム
『開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術』バックナンバー
メールマガジン[まぐまぐ!]
まぐまぐ!』から発行しています。
posted by Koichi at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 英文法レベル標準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

「一緒に」と言うにもいちいち細かい英語

今年の慶應看護の正誤問題に以下のような
文が出ていました。(まちがいをひとつ含んでいます。)

Paul wanted me to go shopping together, but I was busy last Saturday and couldn't.

正解を言いますと、together の部分がまちがいなのです。

together は「一緒に」という意味です。
とても基本的な英単語ですよね?


じゃあ何がまちがってるの?
「ポールは私に買い物に一緒に
 行って欲しかった」
という意味になってて、OKじゃない?

と思う方もいるでしょう。

そこはおちついて文法的に考えてみましょう。

このtogether という英単語ですが、副詞ですので、
go という動詞を修飾しています。

ではこのgo together という動作ですが、
いったい「だれ」がするのか?

私(me)ではないでしょうか?

want という動詞は、
「want 人 to do」=「(人)に〜してほしい」
というパターンでよく使いますよね?

だから、go together するのは私(me)です。

しかし、私という人間は一人なので、
一人で「一緒に行く」という動作はできません!

だからtogetehr じゃダメなんです。
これが、with him だったら、正しい文だったんです。

Paul wanted me to go shopping with him.

だったら、OKなんです。

このように、togeter (一緒に)なにかをするためには、
基本的に主語が複数いないとダメです。

一緒ということは、二人以上の人がある動作をする、
ということなのですから。

なので、こういう言い方ならありえます。

Paul and I didn't go shopping together.
(ポールと私は一緒に買い物に行かなかった)

この文は、主語は「Paulと私」の2人なので、
together を使ってだいじょうぶです。

こういう問題は、文法を重視せず、自分の
フィーリングで解いている人にとって、
きわめて対処しにくい問題となります。

受験英語は、けっこう注意深さ・思考力を
きたえる題材にもなるんだと思います。

潮田耕一

↓メルマガ発行開始です!!

開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術
(ID:0000188697) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム
『開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術』バックナンバー
メールマガジン[まぐまぐ!]
まぐまぐ!』から発行しています。
posted by Koichi at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 英文法レベル標準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

英単語"both" に関わる正誤問題

私立の多くの大学が試験を実施し終えて
きました。
私もいろいろと気の向くままに見ています。

慶應(法)で正誤問題が出ていて、
こんな文がありました。

The both students are present today.
(その生徒たちは二人とも今日出席している)


この文はまちがいを含んでいます。

私がこれを間違いだと判断した理由は、
「the both という言い方はない」
と考えたからなのですが、
そうとは知らない人は他の選択肢と
見比べて消去法で解く、ということになる
かもしれませんね。

both とthe を組み合わせるのであれば、

both the かboth of the

の順番にするのがお決まりのパターンです。

なので、この文であれば、
Both the students are present today.
か、
Both of the stuedents are present today.
とするのがよろしいです。

もうちょっとひねりを入れるなら、
both の位置をここにしてもいいです:
The students are both present today.

事情はall に関しても同じです。
the all とは言いません。

なので、この例文と同様に、
正しい文の可能性を列挙すれば、

All the students are present today.
All of the students are present today.
The students are all present today.


という3つが考えられます。

潮田耕一

↓メルマガ発行開始です!!

開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術
(ID:0000188697) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム
『開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術』バックナンバー
メールマガジン[まぐまぐ!]
まぐまぐ!』から発行しています。
posted by Koichi at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 英文法レベル標準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

Don't you worry ってなんだ?

中3か高1のころ聞いていた
WANDS という昔のバンドの曲に、

Don't worry, don't you cry.

という英語表現があり、

そして、最近私が聞いている
宇多田ヒカルの海外アルバムに入っている
『Exodus '04』 という曲にも、

Mama, don't you worry about me.

という英語歌詞があります。

この

don't you cry.
don't you worry about me.

という英語は、いったい
何なのでしょうか?

私も高校時代、たぶん
ずっと疑問でした。
習わなかったんですもの。

「否定疑問文か?それにしては
クエスチョンマークが付いてない・・・」

そう思って、へんだなとは感じてました。

で、答です。
これは、否定の命令文なんです。

否定の命令文は、基本的に

「Don't + 動詞の原形」

というパターンをとりますよね。
中学で習います。

で、ちょっとそれにアレンジを加えて、

「Don't you + 動詞の原形」

という言い方をしても、
べつによかったりするんです。

実際の英語においても、
けっこう使われる頻度高いですよ、
この
「Don't you + 動詞の原形」
って。

受験英語の範囲でももちろん
登場するので、覚えておいてくださいね!

潮田耕一

↓メルマガ発行開始です!!

開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術
(ID:0000188697) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム
『開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術』バックナンバー
メールマガジン[まぐまぐ!]
まぐまぐ!』から発行しています。
posted by Koichi at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 英文法レベル標準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

単に「道を聞く」だったら?

「〜への道、行き方」
という英語表現は、たとえば
the way to 〜
があるし、有名ですよね。

でも、いちいち
「〜への道」
と言わないで、たんに
「道を聞いた」
のように言いたいときは、どうしましょうか?

そのさいは、まず、
ask the way
とシンプルに言う手があります。

それ以外には、
direction(方向)という
英単語を複数形にして使うといいです。

セットになる動詞はask で、

ask for directions

というように、前置詞for とセットで
書きますよ。

例文としては、

I stopped to ask the way.
私は道を聞くために立ち止まった。

Men never ask for directions and women cannot read maps.
男はけっして道を聞かず、女は地図が読めない。
(*ほんとかどうかは知らないですけど、なんかそう
言われてます。確かに私は道を聞かないタイプです)

というかんじです。

↓メルマガ発行開始です!!

開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術
(ID:0000188697) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム
『開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術』バックナンバー
メールマガジン[まぐまぐ!]
まぐまぐ!』から発行しています。

潮田の他サイト:
英語の達人養成塾
〜開成・東大・英検1級・TOEIC満点講師がついに語った究極の学習法〜


潮田の他のブログ:
大学受験を超えたレベルの英語を毎日楽しく攻略!
『TOEIC990ゲットな気分』


大学受験生も、一般的な英語の学習者も必見の
英語参考書をリストアップ!
『英語参考書丸秘活用術』


潮田耕一
posted by Koichi at 05:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 英文法レベル標準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

使役動詞have とget のちがい

have もget も、文法用語で言うところの
「使役動詞」というものの部類に入ります。

この2つにはまず、形式上のちがいがあります。

それは、文の作り方のパターンがちがう、という
ことなんですが、具体的には、

have の基本パターンは
「have (人・物) (動詞の原形)」で、
get の基本パターンは
「get (人・物) to (動詞の原形)
です。

つまり、get の方には、to が付くんです。

たとえば、「私は息子にかばんを運ばせた」を、
have で書けば
I had my son carry my bag.

get で書けば、
I got my son to carry my bag.

となります。

そして次は意味のちがいですが、

have のほうは、

「相手がそれをやるのが仕事みたいなものだったり、
相手が目下だったりするから、ある程度当然の
こととしてやらせる」

というかんじがします。

get のほうは、

「いろいろ手を尽くして、相手をなんとかやる気に
させて、やらせる」

というかんじがします。

なので、
さきほどの「私は息子にかばんを運ばせた」という
例文では、

I had my son carry my bag.
の方は、
「おれ父親だし、おまえ息子だろ?かばん運べやゴルァ!」
みたいな、父親の威厳があるっぽいかんじがします。

I got my son to carry my bag.
の方だと、
「頼むよ〜、かばん運んでよ、おれ腰痛くてさ〜。
あとで小遣いやるからさ〜。」
といろいろ説得しているような父親像を
思い浮かべることができます。

潮田耕一
posted by Koichi at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 英文法レベル標準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

give とexplain の構文のちがい

英文法で、5文型のうちの第3文型と第4文型の
話をするときに、

たとえばgive という動詞が登場して、

I give a present to her.
I give her a present.

の2つの文は、どっちも
「私は彼女にプレゼントをあげる」
という日本語になるけれども、

文型は
I give a present to her. =第3文型
I give her a present. =第4文型

という区別があるんだよ〜、
といったことを習います。

とりあえず文型はおいておくとしたら、
「(人)に(物)をあげる」と言いたいときには、

give (物) to (人)
give (人)(物)

という2つの書き方のパターンがある、ということなんです。

じゃあ、give と同じく、やはり「(人)に(物)を〜する」
という意味である、explain はどうでしょう?

explain は「(人)に(物)を説明する」という意味の動詞です。

explain の場合は、give とはちがい、
「explain (人)(物)」という言い方ができません。

そうではなく、
「explain to (人) (物)」や、
「explain (物) to (人)」
という2つの言い方ができます。

つまり、explain の場合は、(人)の前につねに前置詞のto を
つけなくてはいけない英単語なわけです。

英文法の正誤問題とかでもよく出るし、英作文でexplain を使いたいときにも
大切な事項となります。

細かいことですけれど、知ってれば対処できることなので、
ぜひ事前に知っておきましょう!

潮田耕一
posted by Koichi at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 英文法レベル標準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

there ともセットになる前置詞

「そこに行く」と言いたいときに、

go to there

と言っちゃいけない、
というのはけっこう有名な話だと思います。

go to のto は前置詞なので、その後ろには名詞が来ます。

ではthere は名詞か?

いいえ。名詞のときもあるにはありますが、
基本的に副詞です。

there は基本的に副詞なので、前置詞なんてつけないで、
そのまま
go there
と言えばいいんです。

でもそのthere にも、例外的に前置詞がつく
場合があるんですよ。

たとえば、from とセットになります。

「そこへ行く」をgo there と言う以上、
「そこから(また別の場所へ)行く」と言いたい時は、
前置詞from を使わないと、どうにも言いようがないですからね。

つまり、「そこから(また別の場所へ)行く」という場合には、

from there

となります。

「そこからどこへ行ったの?」であれば、

Where did you go from there?

です。

潮田耕一
posted by Koichi at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 英文法レベル標準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

英語「の」入門コース

「英語の入門コースを取っている」

そんな意味の英文を作ろうと思って、

I'm taking an introductory course of English.

というふうに書くのは日本人的にはとても自然な発想です。

しかし、
日本語の「の」をなんでもof でやろうとすると、
けっこう英作文では間違いにになってしまうものです。


この場合もそうで、正しくはof ではなく、in にするべきです。

I'm taking an introductory course in English.

というふうにです。

course の場合にはin とセット、
というふうに、
英単語ごとに丁寧に
覚えていくしかありません


ちなみに、「入門の」という意味の英単語として
今の例文で使った

introductory

ですが、日本語にすでになっている「イントロ」という言葉と
関連付けると覚えやすいでしょう。

「イントロ」というのは、歌とかの出だしの部分のことですよね。

an introductory course in English(英語の入門コース)
も、
「英語の最初の方の簡単なことだけを教えるコース」
ということです。


↓メルマガ発行開始です!!

開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術
(ID:0000188697) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム
『開成/東大/英検1級/TOEIC満点/試験無敗の究極の英語術』バックナンバー
メールマガジン[まぐまぐ!]
まぐまぐ!』から発行しています。

潮田の他サイト:
英語の達人養成塾
〜開成・東大・英検1級・TOEIC満点講師がついに語った究極の学習法〜


潮田の他のブログ:
大学受験を超えたレベルの英語を毎日楽しく攻略!
『TOEIC990ゲットな気分』


大学受験生も、一般的な英語の学習者も必見の
英語参考書をリストアップ!
『英語参考書丸秘活用術』


潮田耕一
posted by Koichi at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 英文法レベル標準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。