[単語の音声の聞き方]

こちら(海外有名英英辞典サイト)にアクセスし、画面中央の「Enter a word or phrase」という枠内に単語を打ち、右の赤い「SEARCH」ボタンを押してください。

検索した単語の横に赤い音声マークが付いているはずです。それを押せば音声が聞けます。

Google
WWW を検索 当サイト を検索

2009年08月27日

I swim good. はダメか?

中央大学文学部2009年の問題に、以下のような、不適切な英文を1つ選ぶ問題があります。

ア I can't hear well.
イ I swim good.
ウ The well is full.
エ I feel good.


これは、小難しく考えず、「上手に」という副詞はgood ではなくwell、という中学生でもわかるレベルの原則で選べばいいだけなんです。

つまり、イがダメです。これは、

I swim well.

としなくては、文法的に適切とは言えません。


ここで、英語に比較的精通している生徒の場合には、逆に迷いが生まれます

特に、映画や音楽などを通し、くだけた英語にやや慣れている生徒の場合、good がwell 同様に使われる例を知っている可能性があります。

例えば、sing real good のような言い方です。
他にも、汚い英語ですが、fuck him real good のような言い方もあります。

これらのgood は副詞です。

しかし副詞のgoodは、あくまで「非標準」の英語です。

good はあくまで形容詞であって、第1文型の動詞であるswim の後ろに書くのには適しません。

英文法の授業で習うそういう基本的な原則にきちんとのっとって、標準的な英語を学習するのが受験勉強の基本となります。
posted by Koichi at 01:18| Comment(0) | 英文法レベル難 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

「教える・伝える」の意外な候補

中央大学文学部2009年の問題に、以下のような選択問題があります:

A: I'm afraid I have some bad news.
B: Well, can you ( ) it to me gently, please?

1 break
2 crack
3 say
4 teach


Aが、「悪い知らせがあるんだ」と言い、それに対してBは、gently(優しく)と言っているところから、ショックを受けないように優しく教えてくれ、と頼んでいるのだろうと推測できます。

悪い知らせを伝える、という意味でいったいどの動詞が適切なのでしょうか?

3や4が引っ掛かりそうなところですが、逆に「これじゃああまりに素直すぎる!」と警戒したくなる人もいるでしょうね。

実は、3も4もよろしくありません。

say は、確かに say A to B という言い方はあるものの、名詞news との相性は良くありません。

teach は、勉強的な内容のものを教えるときに使いますので、ダメです。


正解は、です。break です。

実はbreak、「悪い知らせを打ち明ける」という意味でも使うことができるのです。ぜひ押さえておきましょう。
posted by Koichi at 23:19| Comment(2) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

air を動詞にしてみると?

空気と言えば、英語ではair ですが、これを動詞として使ったことがありますか?または、使われているのを見たことがありますか?

空気」という名詞の意味からして、動詞の場合どんな意味になりそうな気がしますかね?

簡単なのは、「換気する」という意味です。

air this room

なら、

この部屋を換気する

という意味です。

アメリカ英語だとout を付けることもよくあります。

air out this room

というようにです。

他にも複数意味がありますが、もう1つ連想しやすい意味を紹介。

空気にさらして、いやなにおいを取る」という意味です。

例えば、ふとんを干す感じですね。
posted by Koichi at 14:48| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

声変わりする

男の子は、中学生頃になると声変わりが始まるものですが、

声変わりは英語でなんて言う?

とふと考えてみると、

聞いた記憶がないな

という人がほとんどでしょう。

声が変わる、と考えて、

one's voice changes

くらいに表現できれば理解してもらえますが、他に意外な動詞を使った表現があるので、紹介しておきます。

それは、break なんですよ。

辞書でbreak を引いて、したのほうまでよく見てみてくださいね。

例えばロングマンには、

He was fifteen, and his voice was just beginning to break.
(彼は15歳で、ちょうど声変わりが始まったところだった)

という例文が見られます。
posted by Koichi at 01:46| Comment(2) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

"arriver" なんてあったっけ?

2009年明治大学文学部の過去問に以下のような問題があります。かっこの中の単語を適切な品詞・形に変える問題です。

John: The train accident this morning seems to have left many people without any means of getting to work.

Mary: There were many late (arrive) at our company, too.



Johnの部分は特に読まなくても解くことはできます。

かっこの前の部分にThere were... とありますから、その後に主語である名詞が欲しいですよね。

many もlate も名詞ではないので、じゃあarrive を名詞に変えればいいな、と考えられます。

arrive の名詞形、と言えば、

"arrival"

ですよね。

それ以外に習ったことはないはずです。

しかしarrival の意味は「到着」ではなかったか…?

「私の会社にも、多くの遅れた到着があった」

なんか少し変だな。

「遅れて到着した"人"がたくさんいた」の方がいい。

到着した「人」 を表す名詞はないものか…?

run → runner のように、arrive → arriver だろうか?


・・・慎重な人ほど、こんな感じで迷ってしまうでしょうね。

少し意外かもしれませんが、arrival という名詞には、「到着」だけでなく、「到着した人」という意味もあるのです。

辞書で少し下の方の意味まで調べてみてください。

なので、arriver のような単語を勝手に作る必要はなく(笑)、普通にarrival でOKです!
posted by Koichi at 02:05| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

regard の名詞の意味

今年の上智大学(経済・理工)の問題に以下のような会話の空欄を埋める選択問題があります:

A:I'm going to see Jane after this.
B:( )

(a) How are you doing?
(b) Hi, Jane.
(c) Did you see her?
(d) Give her my regards.



答えを選ぶだけなら、かなり簡単だと思います。

Aさんが、「この後、ジェーンに会うよ。」と言っています。

それに対するBさんの反応を選ぶわけです。

(a)〜(c)が、見事に的外れです。

(a) は、How are you? と意味は同じで、「元気?」です。
(b) は、「やあ、ジェーン」ですから、やはり意味不明。ジェーンはこの場にはいません。
(c) は、「彼女に会いましたか/見かけましたか?」ですから、やはり意味不明。これからAさんがジェーンに会うのであって、過去ではないです。

だから(d) しか残りません

(d) に登場する単語regard ですが、ここでは名詞ですよね。give の目的語の1つになっています。

regard は、動詞の場合には

regard A as B =「AをBだとみなす」

としてとてもよく知られていますよね?

名詞の場合には、

give (人) one's regards =「(人)によろしくと言う」

という形でよく使われるんですよ。

中学校でも習う、

say hello to (人)

と同様の意味です!






posted by Koichi at 07:00| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

彼女「らしい」

今年の中央大学(法)の問題に、以下のような単語補充の問題がありました:

It was (t ) of her to think first of others' happiness.
まず他人の幸せを考えるのは、いかにも彼女らしかった。


かっこの中に、t で始まる単語を自分で考えて入れるわけです。


まず文法的に考えて、「何詞」を入れるべきなのか候補を絞ります。

この構文は、

It is very kind of you to...
(・・・してくれるなんて、あなたはとても親切ですね)


等と同じ、

It is (人の性格等の形容詞) of (人) to (動詞の原形)

のパターンですから、かっこには形容詞を入れることになります。


問題の日本語訳は、「彼女らしい」となっていますので、そのような意味を持つ形容詞で、t から始まるものを考えます。


ですが、ここはちょっとひねってあります

ふつう、「〜らしい」という日本語で暗記したりはしない単語だからです。

こういう場合は、だいたい同じ意味を保つように、いろいろ問題文の日本語の言い方を変えてみると、ピンと来るでしょう。


彼女「らしい」、それはつまり、彼女にとっては「よくあること」、じゃあcommon? often?

いや、それは無理だ。硬い言い方に変えれば、彼女にとっての「典型的な」行動である・・・


おそらく、「典型的な」でピンと来る受験生が多いと思います。

これですぐに英単語 typical を思いつける、というのが適切の実力を持った受験生でしょう。

ちゃんとt で始まっていますし、これで決まりですね!
posted by Koichi at 17:14| Comment(1) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

「住所」と「演説」の共通点は?

address という単語は、もはや「メールアドレス」のように日本語化している単語です。

とはいえ、みんなが知っている意味はふつう「住所」ですよね。

しかしaddress にはそれ以外の意味もあります。

例えば、一部の塾や高校ではリンカーンの有名なゲティスバーグでの演説 the Gettyburg Address を読ませるor覚えさせています。

このAddress の意味はspeech と同じで、「演説」です。

では、なぜ「住所」を意味するaddress が、「演説」という意味まで持つことができるのでしょうか?

1つの単語がもつ別の意味の中に、共通点を探ろうという発想は暗記の手助けになります。

脈絡のない意味をただただまる暗記しようとしても、効率は上がりにくいですからね。
(もちろん、中には努力と根性で強引に暗記できる人もいますから、そういう人は別にそれでいいです)


その共通点と言うのは、「相手に宛てられている、向けられている」ということです。

手紙を出すとき、住所のことは「宛先」とも言います。手紙を宛てた先です。

スピーチだって、発話者の言葉を、聴衆という対象宛てたものです。

実は、address のad の部分がそのようなニュアンスを持っているんですよ。






posted by Koichi at 01:26| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

egg は可算名詞ではない?

つい先日行われた2009年センター試験文法問題に以下のようなものがありました:

You've got ( ) on your tie. Did you have fried eggs for breakfast?

@a few eggs
Aan egg
Bsome egg
Csome eggs



まずYou've got の「've got」でつまづく人もいることでしょう。これはhave got を省略したもので、have と同じ意味です。口語でよく使われます。

なので、選択肢にegg という名詞があることから考えると、意味は

ネクタイに卵が付いてるよ」ということです。汚れてるんです。

さて、egg は可算名詞ですか?不可算名詞ですか?


・・・もちろん可算ですよね。1個、2個と数えられます。

でもそれだけを基準に選択肢を選ぶと、@、A、Cどれでもいい感じです。それ以上絞れないのではないでしょうか。


ここでは、(そもそも知らなかった場合にはどうしようもないですが)egg には「不可算名詞」扱いの用法もあることを思い出さなくてはなりません。

どう言うことかというと、卵がもはや個体として数が数えられる状態じゃなくなっている場合ですよ。

殻はもうなくて、料理されちゃってる状態です。

ネクタイにくっついているのは、決して殻に入った卵ではありえませんよね(笑)。そんなものがネクタイにくっつくわけがない。

くっついていたのは、卵料理の食べカスです。

あれはもはや「卵が1個、2個…」と数が数えられない状態ではないですか?

だから正解は、egg を不可算名詞として扱っている選択肢、つまりBです。


posted by Koichi at 11:12| Comment(0) | 英単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

英作文指導を受ける態度

英作文の指導信頼できる先生から受けるときに守るべきことは、何よりもまず、謙虚であること

自分の作文力を向上させたいから指導を受けるんですよね?

それなのに、

え、この言い方でも文法的にはいいと思うし、いいんじゃないですか?だめですか?

としつこく食い下がるのは意味のないことです。

みなさんだって、もし、日本語を勉強している外国人

明日コンビニでファッション雑誌を一冊購入しました。

と書いて見せてきたら、

いや、購入ってちょっと固いよね。コンビニで買っただけでしょ?『買いました』の方がふつうだよ

アドバイスしてあげたくなりませんか?

そのとき、せっかくのアドバイスに対して、

いや、でも『購入』だって正しい日本語だし、辞書にちゃんとあるし、意味わかるじゃないですか?なのになぜ直すんですか?

と文句を言われたら、なんとなく不快でしょう?


でも、偉そうに書いていますが、私自身これを先日やってしまいました(笑)。

私だって、中国語に関しては「生徒」ですから。

中国語で自由作文をして、台湾大学の学生さんにたまに見てもらっているんですが、先日、

え〜?ここ別に『見学』でもいいじゃん?だめなの?意味わかるでしょ?

と言ってしまいました。

彼の指導意図としては、

「見学」はもともとは日本語で、それが新しく中国語として入ってきたもので、もともとの中国語では「参観」と言うのが普通だ

というアドバイスをくれようとしていたのです。

私はすぐ

あ、やばい!生徒によく注意していることを、自分自身でやってしまっている!

と気づき、態度を改めました

学生は分かってないから学生やってるわけなんですから、わかってる人の言うことを謙虚に聞いた方が早く知識が増えて、伸びますよ。
posted by Koichi at 05:56| Comment(0) | 学習法など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。